コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタインタール シュタインタール Steinthal, Heymann

2件 の用語解説(シュタインタールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタインタール
シュタインタール
Steinthal, Heymann

[生]1823.5.16. グレープツィヒ
[没]1899.3.14. ベルリン
ドイツの言語学者。 J.ヘルバルトの心理学と W.フンボルト言語理論から出発して,言語現象を心理的に解明しようとする,いわゆる心理主義の言語学を推し進めた。 1859年に M.ラーツァルスとともに『民族心理学・言語学雑誌』 Zeitschrift für Völkerpsychologie und Sprachwissenschaftを創刊,言語の類型の研究から民族心理を知ることを目標にした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタインタール
しゅたいんたーる
Heymann (Hajim) Steinthal
(1823―1899)

ドイツの言語学者、哲学者。1863年からベルリン大学教授を務める。初めフンボルトの影響を受け、彼の思想に添った言語の類型論的研究を言語学の最大の使命と考える。「孤立語→膠着語(こうちゃくご)→屈折語」という言語進化に関するシュライヒャーの仮説には反対し、当時の史的言語研究法に対しても否定的立場をとった。のちにヘルバルト心理学に関心を寄せ、心理学的接近法を唯一可能な正しい言語研究法とみなすようになる。言語の発生における創造性を探るため、幼児言語や日常の言語運用にも興味をもつ。ラツァルスMoritz Lazarus(1824―1903)とともに1860年『民族心理学と言語学の研究誌』を創刊。民族心理学の創始者の一人でもある。[在間 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタインタールの関連キーワードグレープライプツィヒWelch's グレープ50Welch's グレープ100グレープパンチたのしいグレープチェリオグレープファンタ グレープライプツィヒ弦楽四重奏団ライプツィヒ放送交響楽団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone