コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタインタール シュタインタールSteinthal, Heymann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタインタール
Steinthal, Heymann

[生]1823.5.16. グレープツィヒ
[没]1899.3.14. ベルリン
ドイツの言語学者。 J.ヘルバルトの心理学と W.フンボルト言語理論から出発して,言語現象を心理的に解明しようとする,いわゆる心理主義の言語学を推し進めた。 1859年に M.ラーツァルスとともに『民族心理学・言語学雑誌』 Zeitschrift für Völkerpsychologie und Sprachwissenschaftを創刊,言語の類型の研究から民族心理を知ることを目標にした。『言語構造の主要類型の特徴』 Charakteristik der hauptsächlichsten Typen des Sprachbaues (1860) などの著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタインタール
しゅたいんたーる
Heymann (Hajim) Steinthal
(1823―1899)

ドイツの言語学者、哲学者。1863年からベルリン大学教授を務める。初めフンボルトの影響を受け、彼の思想に添った言語の類型論的研究を言語学の最大の使命と考える。「孤立語→膠着語(こうちゃくご)→屈折語」という言語進化に関するシュライヒャーの仮説には反対し、当時の史的言語研究法に対しても否定的立場をとった。のちにヘルバルト心理学に関心を寄せ、心理学的接近法を唯一可能な正しい言語研究法とみなすようになる。言語の発生における創造性を探るため、幼児言語や日常の言語運用にも興味をもつ。ラツァルスMoritz Lazarus(1824―1903)とともに1860年『民族心理学と言語学の研究誌』を創刊。民族心理学の創始者の一人でもある。[在間 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュタインタールの関連キーワード荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊科学史白河藩エッセイ中止命令と勧告シーボルト