コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュティンネス Stinnes, Hugo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュティンネス
Stinnes, Hugo

[生]1870.2.12. ミュールハイム
[没]1924.4.10. ベルリン
ドイツ,ルール地方実業家。 1893年ベルリンに会社を設立して以来,第1次世界大戦後の不況も乗切り石炭,鉄鉱を中心に,通運,貿易,石油,製紙,電力,新聞,銀行などあらゆる産業部門に及ぶシュティンネス・コンツェルンを形成した。ドイツ革命では労使協調団体を組織して反革命運動に乗出し,国会議員としても活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュティンネス【Hugo Stinnes】

1870‐1924
ドイツの実業家。祖父の興した同族会社を継承・発展させて,炭鉄業を中心としたドイツ最大のコンツェルン(シュティンネス・コンツェルン)を作り,〈ルールの王〉と呼ばれた。ドイツ革命にさいして,自由労組議長レギーンとともに中央労働共同体Zentralarbeitsgemeinschaftを設立し,革命の克服に努力した。ワイマール共和国初期の政財界に巨大な影響力を及ぼし,ルール占領に始まる1923年の共和国の危機にさいして独裁計画を練ったが,失敗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュティンネス
しゅてぃんねす
Hugo Stinnes
(1870―1924)

ドイツの大資本家。家業の石炭・運輸業を継いで発展させ、電力業などにも進出、第一次世界大戦前にすでにルール重工業界で地歩を占めた。大戦中は軍部と結んで利益をあげたが、敗戦が迫るとそれまでの態度を一変して、労働組合を承認し、そのかわりに現存経済体制を継続するという中央労働共同体(シュティンネス‐レギーン協定)を自由労働組合らと結んで、経済界が革命期を乗り切るのを指導した。ワイマール共和国前期にはインフレを利用して一大コンツェルンを築き、同時にドイツ人民党国会議員、賠償問題の交渉役として政治的にも大きな影響力をもった。とくに1923年ルール占領の危機の際、反共和国的独裁樹立を画策したことはよく知られている。[木村靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

シュティンネス

生年月日:1870年2月12日
ドイツ,ルール地方の実業家
1924年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

シュティンネスの関連キーワードヒューゴ シュティンネス生年月日

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android