コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトルベルク シュトルベルク Stolberg, Friedrich Leopold

2件 の用語解説(シュトルベルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトルベルク
シュトルベルク
Stolberg, Friedrich Leopold

[生]1750.11.7. ホルシュタイン,ブラムシュテット城
[没]1819.12.5. オスナブリュック,ゾンダーミューレン城
ドイツの詩人。常に兄のクリスチアンとともに呼ばれ,作品も共作が多い。シュトゥルム・ウント・ドラング運動に参加,「ゲッティンゲン林苑同盟」 Göttinger Hainbundに加わり,注目すべき自然詩を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュトルベルク
シュトルベルク
Stolberg

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州西部の都市。アーヘンの東約 10kmにあり,17世紀にプロテスタントが同市から移住して非鉄金属加工業を発達させた。 1856年都市権獲得。現在は,各種金属加工のほか,ガラス,電線,ゴム,繊維,化学,ビールなどの工業が立地する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュトルベルクの関連キーワードホルシュタインシュレースビヒホルシュタインホルスタインシュレースウィヒホルシュタインバイルシュタインゲロルシュタイナーヴァルトシュタインシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭シュレスウィヒ・ホルシュタイン問題ロマノフ・ホルシュタイン・ゴットルプ朝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュトルベルクの関連情報