コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトルベルク シュトルベルクStolberg, Friedrich Leopold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトルベルク
Stolberg, Friedrich Leopold

[生]1750.11.7. ホルシュタイン,ブラムシュテット城
[没]1819.12.5. オスナブリュック,ゾンダーミューレン城
ドイツの詩人。常に兄のクリスチアンとともに呼ばれ,作品も共作が多い。シュトゥルム・ウント・ドラング運動に参加,「ゲッティンゲン林苑同盟」 Göttinger Hainbundに加わり,注目すべき自然詩を書いた。またギリシア文学の翻訳者として『イリアス』 (1778,ドイツにおける初訳) ,プラトン,アイスキュロスを紹介した。

シュトルベルク
Stolberg

ドイツ西部,ノルトラインウェストファーレン州西部の都市。アーヘンの東約 10kmにあり,17世紀にプロテスタントが同市から移住して非鉄金属加工業を発達させた。 1856年都市権獲得。現在は,各種金属加工のほか,ガラス,電線,ゴム,繊維,化学,ビールなどの工業が立地する。人口5万 7231 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュトルベルクの関連キーワードシュナーベル(Johann Gottfried Schnabel)ゲッティンゲン詩派オスナブリュックシュナーベルミュンツァー11月7日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android