コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリアス イリアス Īlias

4件 の用語解説(イリアスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリアス
イリアス
Īlias

ギリシアのホメロス英雄叙事詩。 24巻。『オデュッセイア』と並ぶギリシアの二大叙事詩。前8世紀に成立したものだが,原型は遠くミケーネ時代にさかのぼる。ギリシア軍によるトロイ包囲戦 10年目の一事件を扱う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イリアス(〈ギリシャ〉Ilias)

《「イーリアス」とも》古代ギリシャの長編英雄叙事詩。ホメロス作と伝えられる。「イリオントロイアの別名)の歌」の意。前8世紀ごろの成立。スパルタの美女ヘレネをめぐる、トロイア軍とギリシャ軍との10年にわたる戦争のうちの数十日間の展開を描く。ギリシャ最大最古の古典。イリアッド

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

イリアス【Īlias】

ギリシャ最古の長編叙事詩。二四巻一五六九三行。「オデュッセイア」と並んでホメロス作と伝えられる。ギリシャ軍第一の勇士アキレウスの怒りを主題とし、トロイア攻防一〇年間の終わりに近い五〇日前後の出来事を扱う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリアス
いりあす
Ilias

ホメロスの作とされる古代ギリシアの英雄叙事詩。全編1万5693行、24巻に分かれるが、この巻別は後世(前3世紀ごろ)に由来する。制作の年代は紀元前8世紀の中ごろとするのが通説である。題名は「イリオスの歌」の意で、イリオスはトロヤの別称である。10年にわたるトロヤ攻防戦も終末に近いころの、約50日間のできごとを扱っているが、その中心主題は冒頭に歌われているように「アキレウスの怒り」である。総帥アガメムノンが妾(めかけ)としている捕虜の女クリセイスは、アポロンの神官の娘であるが、その返還を拒んだことからアポロンの怒りを招き、疫病が蔓延(まんえん)する。その対策をめぐってアガメムノンとアキレウスとの間に争いが起こり、アキレウスは侮辱を被ったのを怒り、戦場にたつのを拒む。アキレウスの母なる海のニンフ、テティスはゼウスにすがってわが子の名誉回復を嘆願し、ゼウスはアキレウス再起の花道を設けるために、戦局をギリシア軍に不利になるように計らう。アガメムノンも我(が)を折って和解を申し入れるが、アキレウスはそれを拒む(巻9)。戦況は破局的になり、アキレウスの親友パトロクロスは見かねて、アキレウスの武具を借りて勇戦するが、トロヤ方の総帥ヘクトルに討たれる(巻16)。ここにおいてアキレウスも親友の仇(あだ)を報ずるために決起し、ヘクトルを一騎打ちで倒す(巻22)。アキレウスの怒りはなおも収まらず、ヘクトルの死骸(しがい)を辱め続けるが、神々のとりなしにより、トロヤの老王プリアモスが、夜陰にアキレウスの陣営を訪れ、息子の遺体を収容して城へ帰り、葬儀を営むところで全編が終わる(巻24)。
 ギリシア方ではアキレウス、トロヤ方ではヘクトルがもっとも重要な人物で、物語もこの2人を中心にして進行するが、そのほかアガメムノン、メネラオス、オデュッセウス、ディオメデスらの諸将もそれぞれの特性を発揮して活躍し、さらにヘレネ、アンドロマケ、ブリセイスらの女性も彩りを添える。とくに名場面ともいうべき箇所を二、三あげると、メネラオスとパリスの一騎打ちを、ヘレネとプリアモスが城壁上から観望する場面(巻3)、ヘクトルとその妻アンドロマケの別れ(巻6)、プリアモスがヘクトルの遺骸を引き取るくだり(巻24)など。『オデュッセイア』とともに、ギリシア最大最古の古典として、後世までギリシア人全体の精神生活の糧となったばかりでなく、ヨーロッパ、ひいては世界の古典としてその影響は偉大なものがある。[松平千秋]
『呉茂一訳『イーリアス』全3冊(岩波文庫) ▽藤縄謙三著『ホメロスの世界』(1965・至誠堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イリアスの関連キーワードギリシャ語ギリシャ神話ギリシャ哲学ギリシャ文字ドラクマドリスパルナソスヘラスΑσκληπιείον『イリアス』/『オデュッセイア』

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イリアスの関連情報