コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビール ビール Beal, Samuel

16件 の用語解説(ビールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビール
ビール
Beal, Samuel

[生]1825.11.27.
[没]1889.8.20.
イギリス中国仏教学者。ケンブリッジ大学卒業。 1852年海軍布教師となって中国に渡り,中国文化,特に宗教を研究。 77年ロンドン大学教授。『中国・日本に伝わる三蔵』 The Buddhist Tripitaka as it is known in China and Japan (1876) ,『中国の仏教』 Buddhism in China (84) などの著作や,翻訳"Travels of Fa-hian and Sung-yun,Buddhist Pilgrims from China to India" (69) ,"Si-yu-ki,the Records of the Western Kingdoms" (84) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビール
ビール
Beale, Dorothea

[生]1831.3.21. ロンドン
[没]1906.11.9. チェルトナム
イギリスの女子中等教育振興の開拓者。 1848年新設のクイーンズ女子カレッジで F.モーリスについて学び,57年にウェストモーランドのカスタートンにあるクラージー・ドーターズ校 (C.ブロンテの『ジェーン・エア』のなかに出てくるローウッド校) の教頭となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビール
ビール
Beale, Joseph Henry

[生]1861.10.12. マサチューセッツドーチェスター
[没]1943.1.10. ケンブリッジ
アメリカの法学者。 1882年ハーバード大学卒業後,一時弁護士となり,97年からハーバード大学教授。その間,シカゴ大学ロー・スクール設立に参加し,またアメリカ法協会の設立に尽力。アメリカの大学で最初に国際私法を講じた教授で,法の属地性の原則に基づいて理論構成を行い,アメリカにおける国際私法学の先駆的地位にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビール
ビール
Biel, Gabriel

[生]1420頃.シュパイヤー
[没]1495.12.7. テュービンゲン
ドイツのスコラ哲学者,経済学者,神学者。 1484年テュービンゲン大学教授。唯名論の立場に立った。主著『神学命題要録』 Collectorium (1495) は P.ロンバルドゥス命題集についての W.オッカムの注釈の集成であり,ルターらに影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビール
ビール
Bhīr

インド西部,マハーラーシュトラ州中部の町。ビール県の行政庁所在地ショラープル北方約 140km,バラガート山脈北麓にあり,北方をゴダバリ川の支流が東流する。古代ヒンドゥー王朝から 14世紀にイスラムの支配下に入り,1947年までイスラム支配が続いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビール
ビール
Biel

フランス語ではビエンヌ Bienneスイス中部,ベルン州北西部の都市。ビール湖の北東端に位置する。ケルト起源の古い集落から発達,1275年に都市権を得た。著名な時計工場が立地し,チェーン,機械などの製造業が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビール
ビール
beer

本来は穀物その他のデンプン質原料からの抽出液を発酵させて造るアルコール飲料の総称であるが,特に日本では大麦を原料とした醸造酒をいう。大麦に水を均等に含ませて発芽させ,麦芽の強いアミラーゼ力を利用して麦芽の浸出液をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ビール(Biel)

スイス西部、ベルン州の都市。ジュラ山脈南麓、ビール湖北端に位置する。時計産業をはじめ、機械工業が盛ん。13世紀にバーゼル領主司教により創建。旧市街には中世の面影を残す歴史的建造物が多い。周辺の村々は同国有数のワイン産地としても知られる。フランス語名、ビエンヌ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビール

麦芽を主原料として発酵させて造った,炭酸ガスを含むアルコール飲料。麦酒とも書く。古代のバビロニアエジプトですでに飲用され,今日では世界で最も多く消費されているアルコール飲料である。
→関連項目発泡酒

ビール

スイス西部,ベルン北西約27kmの都市。時計工業の中心。自動車,楽器,食品などの工業も行われる。工業大学,考古博物館がある。5万13人(2008)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

ビール

麦芽、ホップ、水を原料として発酵させたものがビール。日本の酒税法では麦芽使用比率は六七%以上、副原料として米やトウモロコシコーンスターチなどが認められている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ビール

ドイツの作曲家、ピアノ教師。歌曲、合唱曲のほか数多くのピアノ小品を作曲した。

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ビール

 麦芽,ホップ,水を原料とし発酵させて作る発泡性の酒.生ビール,ラガービールなど多くの種類がある.ラガービール(lager beer)は本来「熟成させたビール」の意味.ドラフトビール(draft beer)は「樽などから取り出したビール」の意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

びーる【ビール】

《栄養と働き》
 ビールはヨーロッパ新石器時代には、すでに存在していたといわれます。
 古代のエジプトやバビロニアでは、神に捧げる神聖な飲みものとされ、薬としても用いられました。
 ビールが日本に伝来したのは江戸時代の中期以降で、江戸末期には長崎のオランダ商館で飲まれていたようです。
○栄養成分としての働き
 いまやビールは日本人にとってもっとも身近な酒。その消費量も、酒類中ダントツの1位です。
〈酒のなかでは栄養バランスにすぐれ、とくに葉酸が豊富〉
 ビールを飲むと、炭酸の刺激と適度なにがみが食欲を増進させます。また、浸透圧が人間の体液に近いため、利尿作用があり、尿路結石(にょうろけっせき)の排出にも有効です。
 こうした効用に加えて、酒のなかでは栄養のバランスがとれている点も特徴の1つです。ビールは別名「液体のパン」ともいわれ、原料の麦に由来するビタミンB群やミネラルが比較的豊富です。
 ことに、ビタミンBの一種である葉酸(ようさん)は、ワインやウイスキーの100~1000倍も含有。その働きで脂質の代謝を活発にし、皮膚の健康を保って肌荒れを防いでくれます。
 また、ビールの中には、原料のビール酵母の成分である核酸が溶けだしています。この核酸には、新陳代謝を活発にして、肝臓の働きを助ける効果があり、老化防止にも有効です。さらに最近では、生きたビール酵母に、ニンニクを食べたあとの口臭を消す効果があることもわかっています。
 ところで、ビールのにがみは原料のホップに由来するものですが、ヨーロッパには昔から「ホップ畑で働く女性は肌がきれいで健康」という言葉があります。これはホップのルプリン女性ホルモンを補う働きがあるためで、ビールにも更年期障害を改善する働きがあるといわれます。
 このほか、気分をやわらげ、ストレスによるイライラを軽減する効果があります。そのため、ホップは安眠まくらや安眠のためのハーブティーにも処方されています。
《調理のポイント
 ビールの原料や製法はさまざまですが、もっとも一般的なのはピルゼンタイプ呼ばれるホップの香りのきいた淡色ビールです。
 一方、俗に黒ビールと呼ばれるミュンヘンタイプのビールは、麦芽を焦がして仕込んだもので、香ばしい香りと独特のやわらかな甘みが特徴です。
 生ビール、もしくはドラフトビールは、日もちをよくするための熱処理をしていないビールで、ろ過や微生物管理の技術が発達している現在では、このタイプが主流となっています。
 なお、ビールをおいしく飲むときのポイントは、きれいなグラスを使うことです。
 グラスに汚れがついていると、そこから炭酸ガスが分離したり、泡が消えたりします。また、賞味期限以内でなるべく早く飲むようにしましょう。
 飲料としての用途以外では、煮込みなどの料理に使われるほか、てんぷらの衣に入れれば揚げ上がりがカラっとする効果もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

ビール【Bier[ドイツ]】

麦芽を主原料として醸造した,炭酸ガスを含むアルコール飲料で,ホップに由来する苦みを有し,持続性の泡を生ずる特徴がある。世界中で最も多く消費されている酒で,世界の1992年の製造量は1億1470万klであった。
【ビールの種類】
 ビールは製造に使用する酵母によって,上面発酵ビール下面発酵ビールに2大別される(表1)。このほか,色,発酵前の麦汁濃度,製造法,使用原料などによっても分けられる。上面発酵ビールに使用する酵母は,発酵末期に液面に浮上して粘稠(ねんちゆう)性の層となるのに対して,下面発酵ビールに用いる酵母は,逆に末期には凝集して底面に沈む。

ビール【Biel】

スイス中西部,ジュラ山脈南東麓のビール湖南岸に位置する都市。人口5万1000(1996)。フランス語圏とドイツ語圏の境界にあってビエンヌBienneとも呼ばれる。13世紀初頭バーゼル司教によって建設されたが,ベルンと同盟して自治を享受,維持しつづけた。しかし,1815年ウィーン会議の際にベルンに合併され,現在はベルン州(カントン)に属する。時計工業の中心地であるが,中世の小都市の面影を残す落ち着いた町である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のビールの言及

【飲料工業】より

…飲料はアルコール飲料と非アルコール飲料に大きく分類され,これらの製造業を飲料工業という。アルコール飲料すなわち類は清酒ビールウィスキーブドウ酒などがおもなもので,非アルコール飲料には炭酸飲料,果実飲料,濃厚乳酸飲料などの清涼飲料のほか,コーヒー紅茶緑茶などが含まれ,その裾野は広い。
[アルコール飲料]
 日本の酒税法では,アルコール分1度以上の飲料を酒類と定め,清酒,合成清酒,焼酎(しようちゆう),みりん,ビール,果実酒類,ウィスキー類,スピリッツ類,リキュール類,雑酒の10種類に分けている。…

【酒】より

… 日本の酒税法では,酒は〈アルコール分1度(容量比で1%)以上の飲料〉と定義され,液体に限らず糖類でアルコールなどの分子をくるんだ粉末状のものも酒とみなされるが,みそ,しょうゆのようにアルコールを1%以上含むものであっても嗜好(しこう)飲料として供しえないものは酒から除外されている。
【酒の種類】
 酒は,製造法のうえから醸造酒,蒸留酒,混成酒の3種に分類されるが,日本の酒税法では清酒,合成清酒,焼酎,みりん,ビール,果実酒類,ウィスキー類,スピリッツ類,リキュール類,雑酒の10種類に分類される。なお酒税法上の種類名を製品に表示することが義務付けられている。…

【酒造業】より

…酒造法(1953公布)で決められている酒類(アルコール分を1%以上含む飲料および溶かした場合アルコール1%以上となる粉末)を製造する産業。 1995年度の酒類の出荷量(課税移出量)をみると,清酒130万kl,焼酎(しようちゆう)68万kl,ビール698万kl,ウィスキーおよびブランデー18万kl,果実酒類17万kl,その他合成清酒,みりん,リキュールなどで,総出荷量は1000万klとなっている。 現在の産業構造の特徴としては,ビール,ウィスキーといった明治以降に日本で本格的に製造されるようになった洋酒類は,少数の大企業によって近代的な大工場で生産・販売がなされ,寡占化が進んでいるが,清酒,焼酎(とくに乙類)など江戸期以前からある酒類については,大企業もあるが多くは多数の小企業によって製造されていることである。…

【ジョッキ】より

…ビールなどを飲むための取っ手のついた容器。ガラス,陶磁器,銀,ピューター(スズを鉛の合金)などでつくられ,0.3~1lくらいの容量のもの。…

【中国酒】より

…(2)黄酒 中国では穀類を原料とする醸造酒を総称して黄酒という。ただし,ビールは除外される。華北,東北では主としてキビ米(もちアワ)を用いているが,南部地域ではもち米を主とし,うるち米も少量使われている。…

【ミュンヘン】より

…上流地方の木材,木炭,石灰,石材や南チロルのブドウ酒を運ぶいかだも,ミュンヘンの河岸に逗留(とうりゆう)して3日間市民に積荷を開くべきものとされた。市の商人は,ベネチア,フランドル,またボヘミアにいたる香料,毛織物,絹などの遠隔地取引でも活躍したが,〈領邦都市〉ミュンヘンの重要な基盤を形成したのは,むしろ,上バイエルン一帯の村々からもたらされる穀物や家畜の市であり,また農民や市民の需要に応えるさまざまな手工業であった(14世紀半ばにはビール醸造所もすでに21を数えた。人口は1381年で約1万1000)。…

※「ビール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビールの関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ労連ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパの火薬庫ヨーロッパ級

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビールの関連情報