コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピッテラー シュピッテラー Spitteler, Carl

6件 の用語解説(シュピッテラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュピッテラー
シュピッテラー
Spitteler, Carl

[生]1845.4.24. バーゼル近郊リースタール
[没]1924.12.29. ルツェルン
スイスの詩人,小説家。 1919年度ノーベル文学賞受賞。法学,神学を学び,教師,ジャーナリストを経て,作家生活に入る。ショーペンハウアーの影響を受けた英雄悲劇的世界観をもち,象徴的宇宙的ビジョンに満ちた神話的叙事詩を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シュピッテラー(Carl Spitteler)

[1845~1924]スイスの詩人・小説家。ギリシャ神話を題材として、スケールの大きな叙事詩を書いた。1919年、ノーベル文学賞受賞。叙事詩「オリンピアの春」、小説「コンラート中尉」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュピッテラー

スイスのドイツ語詩人。アリオストの《狂乱のオルランド》に接して,叙事詩人を目標とした。ニーチェの《ツァラトゥストラ》と比べられる《プロメートイスとエピメートイス》や《オリンピアの春》などにより,現代における叙事詩の可能性を示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュピッテラー【Carl Spitteler】

1845‐1924
スイスの詩人。バーゼルの南の小都市に官吏の子として生まれた。イタリアの詩人アリオストの《狂えるオルランド》に感激し,叙事詩人を生涯の目標とした。バーゼル大学の神学部(プロテスタント)を卒業したが牧師にならず,家庭教師として数年間ロシアで暮らし,帰国して女学校の教師,のちに新聞の編集者となる。1892年以後は妻が相続した遺産のおかげで詩作に専念。処女作《プロメートイスとエピメートイス》(1881)はしばしばニーチェの《ツァラトゥストラ》と比較される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シュピッテラー【Carl Spitteler】

1845~1924) スイスの詩人。英雄的悲劇的な神話の世界を描く。叙事詩「プロメテウスとエピメテウス」「オリンポスの春」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュピッテラー
しゅぴってらー
Carl Spitteler
(1845―1924)

スイスの詩人。早くから無神論的な傾向をみせていたが、神学を学んで牧師を務めたのち、ロシアに行き、8年間教師としての生活を送る。帰国後新聞編集に携わるが、1893年以降はルツェルンで創作に専念した。このノーベル賞詩人の活動は多方面にわたっているが、本領は叙事詩にある。ショーペンハウアーとニーチェの影響を受け、芸術家と市民の対立を意識した詩人は、美を求めるエリートとしての英雄的な人物を古典的な叙事詩に表現しようとした。『プロメテウスエピメテウス』(1881)は、あえて世界を支配する権力を拒否しても「魂」を守ろうとする高貴なプロメテウスを歌う作である。『オリンピアの春』(1900~05)は、過酷な運命を克服するギリシアの神々を描きつつ、ペシミスティックな宇宙像と幸福の雄々しい断念を語っている。1919年ノーベル文学賞受賞。[岩村行雄]
『高橋健二訳『イマーゴー』(『ノーベル賞文学全集3』所収・1977・主婦の友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュピッテラーの関連キーワードバーゼル美術館ヘーゼルモーゼル銃スイス銀行イーゼルバーゼル交響楽団バーゼル室内管弦楽団バーゼルの喜びバーゼル放送交響楽団フローゼル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone