コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュペーナー シュペーナーSpener, Philipp Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュペーナー
Spener, Philipp Jakob

[生]1635.1.23. アルザス,ラポルツワイラー
[没]1705.2.5. ベルリン
ルター派教会牧師。敬虔主義の指導者。シュトラスブルク大学に学び,カルバン主義の影響を受け,またピューリタニズムの感化も受けて,万人祭司的理念に立って,平信徒の積極的な宗教活動を進めるため,1670年コレギア・ピエタティス (敬虔集会) を創設。 75年に『敬虔なる願望』 Pia desideriaを著わして,その主張を公にし反響を呼んだ。しかし当時のルター派正統主義者と相いれず,その激しい攻撃の的となった。『神学研究の障害について』 De impedimentis studii theologici (1690) で,理性による神学研究を否定した。実践的神秘主義的精神に徹しながらも,宣教の経済的基盤を重視した。著書はほかに,『聖職の地位』 Das geistliche Priestertum (75) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュペーナー【Philipp Jakob Spener】

1635‐1705
ドイツ敬虔主義の創始者,指導者。アルザスに生まれ,ピューリタン等の敬虔的文書を読んで育ち,シュトラスブルク大学で学ぶ。このとき以来カルビニズム的理念に親しんだことは,自身はルター派にとどまったが,その教派をこえた実践的キリスト教確立の念願に結実する。フランクフルト・アム・マインでの牧師の間に〈コレギア・ピエタティスcollegia pietatis(敬虔の集い)〉を開く(1670)。のちドレスデンの宮廷牧師,さらにベルリンに移り同地で没する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュペーナー
しゅぺーなー
Philipp Jakob Spener
(1635―1705)

ドイツ敬虔(けいけん)主義の指導者。牧師。ルター派教会の内部刷新運動をおこし、ドイツ敬虔主義運動の第一世代を形成した。ジュネーブ留学中にカルバン主義者ラバディの影響を受け、福音(ふくいん)主義の徹底化、厳格な教会規律の実施など、改革派的理想をルター派教会内にもたらした。と同時に、万人祭司のルター的理念を実現する意図のもとに、信徒の積極的な宗教活動を奨励し、「敬虔な者の集い」(コレギア・ピエターティスCollegia pietatis)を開いて信徒の霊性を深めることに意を注いだ。この運動は人々の反感を買い、ことに正統主義の立場からの激しい攻撃を受けたが、結果としてルター派教会の内面性を深め、活動を活性化した。主著『ピア・デシデリア(敬虔な願い)』(1675)。[金井新二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシュペーナーの言及

【フランクフルト・アム・マイン】より

…1612年から2年間にわたるこの反乱は,ついに皇帝権力の介入により鎮圧されたが,その過程で結ばれた市民協約をもとに,1732年訴訟が起こされ,都市財政を監査する市民代表の市政参加が実現した。
[シュペーナーとゲーテ]
 宗教戦争が続く17世紀,フランクフルト首席説教師シュペーナーPhilipp Jakob Spener(1635‐1705)は,敬虔主義に立つ祈禱集会collegia pietatisを催し,貧民や孤児の救済活動を進めるなど,ヨーロッパ精神界に大きな影響を及ぼした。その在職時代,カタリナ教会は,最初のルター派教会建築としての改装をほどこされ,他の教会の模範となった。…

【敬虔主義】より

…スペイン,フランスのカトリック教会の神秘主義とも無縁ではない。シュペーナーが敬虔主義運動の創始者とみなされており,彼の〈コレギア・ピエタティス〉の開始(1670)と,著作《敬虔なる願望》の公刊(1675)は時代を画した。その後フランケによりハレが中心地となる。…

【フランクフルト・アム・マイン】より

…1612年から2年間にわたるこの反乱は,ついに皇帝権力の介入により鎮圧されたが,その過程で結ばれた市民協約をもとに,1732年訴訟が起こされ,都市財政を監査する市民代表の市政参加が実現した。
[シュペーナーとゲーテ]
 宗教戦争が続く17世紀,フランクフルト首席説教師シュペーナーPhilipp Jakob Spener(1635‐1705)は,敬虔主義に立つ祈禱集会collegia pietatisを催し,貧民や孤児の救済活動を進めるなど,ヨーロッパ精神界に大きな影響を及ぼした。その在職時代,カタリナ教会は,最初のルター派教会建築としての改装をほどこされ,他の教会の模範となった。…

※「シュペーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュペーナーの関連キーワード石垣永将スペイン演劇中国とアフリカの貿易道修町鄂爾多斯狩野山楽神谷宗湛グアドループ周期表フック

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone