コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュリーフェンプラン Schlieffen plan

デジタル大辞泉の解説

シュリーフェン‐プラン(Schlieffen plan)

帝政ドイツで考案された、フランス侵攻のための作戦。フランス側の防御が固い独仏国境でなく、中立国のベルギー領を侵犯・通過するルートならばフランスを短期間で攻め落とせるとするもの。1905年にドイツ軍参謀総長シュリーフェンが考案、1914年の第一次大戦開戦時に実行された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シュリーフェンプランの関連キーワードモルトケ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android