コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウサイフグ

栄養・生化学辞典の解説

ショウサイフグ

 [Takifugu snyderi].フグ目マフグ科の海産魚.有毒魚であるが,毒を含まない部分を食用にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ショウサイフグ

フグ科の魚。東京ではゴマフグ(分類上のゴマフグとは別種)ともいう。マフグなどに似ているが,しりびれや尾びれ下縁が白いことなどで区別できる。全長18cmほどのものが一般的だが,30cmを超えるオキナコモンフグも同種とする説がある。
→関連項目フグ(河豚)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウサイフグ
しょうさいふぐ / 潮際河豚
[学]Takifugu vermicularis vermicularis

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。東北地方以南の各地に分布する。体の表面に小棘(しょうきょく)がなく滑らか。背側は茶色の地に網目状の暗褐色紋様があり、腹側は白い。胸びれと背びれは淡黄色。臀(しり)びれは白く、尾びれは黄色。胸びれ後方の体側に不定形の黒褐色の紋がある。体長30センチメートルに達する。肝臓と卵巣は猛毒、皮膚と腸にも強毒がある。また、肉に弱毒があり、精巣は無毒である。内湾でも容易に釣れるため、素人(しろうと)が調理してフグ中毒をおこした例もあり、注意を要する。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ショウサイフグの関連キーワードカラストラフグナシフグ

ショウサイフグの関連情報