ショウサイフグ

  • Takifugu vermicularis vermicularis
  • しょうさいふぐ / 潮際河豚

百科事典マイペディアの解説

フグ科の魚。東京ではゴマフグ(分類上のゴマフグとは別種)ともいう。マフグなどに似ているが,しりびれや尾びれ下縁が白いことなどで区別できる。全長18cmほどのものが一般的だが,30cmを超えるオキナコモンフグも同種とする説がある。東北地方〜九州に分布し,沿岸に最も普通に見られ,潮際フグの名もこれによる。トラフグなどの代用品としてフグ料理に用いられる。また,マフグやナシフグをさす場合もある。
→関連項目フグ(河豚)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。東北地方以南の各地に分布する。体の表面に小棘(しょうきょく)がなく滑らか。背側は茶色の地に網目状の暗褐色紋様があり、腹側は白い。胸びれと背びれは淡黄色。臀(しり)びれは白く、尾びれは黄色。胸びれ後方の体側に不定形の黒褐色の紋がある。体長30センチメートルに達する。肝臓と卵巣は猛毒、皮膚と腸にも強毒がある。また、肉に弱毒があり、精巣は無毒である。内湾でも容易に釣れるため、素人(しろうと)が調理してフグ中毒をおこした例もあり、注意を要する。

[松浦啓一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android