コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウサイフグ

3件 の用語解説(ショウサイフグの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ショウサイフグ

 [Takifugu snyderi].フグ目マフグ科の海産魚.有毒魚であるが,毒を含まない部分を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ショウサイフグ

フグ科の魚。東京ではゴマフグ(分類上のゴマフグとは別種)ともいう。マフグなどに似ているが,しりびれや尾びれ下縁が白いことなどで区別できる。全長18cmほどのものが一般的だが,30cmを超えるオキナコモンフグも同種とする説がある。
→関連項目フグ(河豚)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウサイフグ
しょうさいふぐ / 潮際河豚
[学]Takifugu vermicularis vermicularis

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。東北地方以南の各地に分布する。体の表面に小棘(しょうきょく)がなく滑らか。背側は茶色の地に網目状の暗褐色紋様があり、腹側は白い。胸びれと背びれは淡黄色。臀(しり)びれは白く、尾びれは黄色。胸びれ後方の体側に不定形の黒褐色の紋がある。体長30センチメートルに達する。肝臓と卵巣は猛毒、皮膚と腸にも強毒がある。また、肉に弱毒があり、精巣は無毒である。内湾でも容易に釣れるため、素人(しろうと)が調理してフグ中毒をおこした例もあり、注意を要する。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショウサイフグの関連キーワードフグ河豚草河豚鯖河豚虎河豚箱河豚真河豚模様河豚潮際河豚ナシフグ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショウサイフグの関連情報