コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラヤマギク

2件 の用語解説(シラヤマギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シラヤマギク

北海道〜九州,東アジアの温〜暖帯に分布し,山野にはえるキク科の多年草。茎は高さ1〜1.5m。根出葉はハート形で,花時には枯れ,葉は洋紙質で両面に細毛があり,ざらつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シラヤマギク
しらやまぎく / 白山菊
[学]Aster scaber Thunb.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ10センチメートル~1.5メートル。茎にも葉にも開出する短い剛毛があり、ざらざらしている。根出葉と茎下部、中部の葉は卵状心臓形で長柄があり、互生する。上部の葉は卵形、短柄となる。8~10月、茎上部に多数の頭花を、やや散房状につける。頭花は白色の舌状花と黄色の管状花からなる。総包片は3列、先は円く、縁(へり)は乾膜質。痩果(そうか)は長さ2.5ミリメートルほどで、冠毛は淡褐色。山地の草原ないし林縁に生え、北海道から九州、さらに中国東北部および東南部に分布する。本州の湿地に自生するナガバシラヤマギクA. sekimotoi Makinoは本種とサワシロギクとの雑種と考えられる。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシラヤマギクの言及

【ノコンギク(野紺菊)】より

…ノコンギクに似ているが,葉の基部が茎を抱き,全草に白い短毛を密生するなどで異なる。 シラヤマギクA.scaber Thunb.(イラスト)は山地の乾いた草地や道ばたにふつうな多年草。根出葉には長柄があるが,茎上部の葉は短柄となる。…

※「シラヤマギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone