シンクロスコープ(読み)しんくろすこーぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シンクロスコープ

同期信号を波形表示して観察するための測定器のこと。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンクロスコープ
synchroscope

オシロスコープ (→オシログラフ ) の1種。入力信号が加えられると同時にトリガ掃引を行うことで,時間軸が計測している波形と同期するオシロスコープのこと。電子計測の分野で,従来のオシロスコープに代り広く使用され,特に瞬時現象や過渡現象の測定に適している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

シンクロスコープ
シンクロスコープ
synchroscope

オシロスコープの一種で,観測しようとする周期的信号の波形をブラウン管上に静止させるための特殊な装置を備えている.ブラウン管オシログラフでは,時間軸の掃引の周期を調整して信号の周期に合わせ,波形を静止させるが,シンクロスコープではトリガ掃引方式がとられていて,一つの信号波が入力に入ると,自動的に時間軸の掃引が開始されるようになっている.したがって,信号波形はつねにブラウン管面に静止する.そのほか,信号波を遅らせる遅延回路があり,これによって入力信号波の最初の部分もよく観測することができる.さらに正確な振幅の発振回路を備えていて,入力信号の大きさをブラウン管面の目盛で測定できる校正回路も備えている.このように,ブラウン管オシログラフに比べて便利な点が多く,最近ではほとんどシンクロスコープが利用されている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシンクロスコープの言及

【オシロスコープ】より

…トリガーパルスは外部(EXT),内部(INT)および電源(LINE)よりとることができる。入力信号の立上り部分よりトリガーパルスを取り,遅延回路を併用して,現象を観測するものをシンクロスコープsynchroscopeと呼んでいたが,トリガー機能の充実とともに,とくに区別せず,すべてオシロスコープと呼ぶのがふつうである。図2のZ軸回路は時間軸の掃引の間,すなわちビームが左から右へ移動する間だけ,ビームを発射するよう矩形波電圧を制御グリッドGに加えるための回路である。…

※「シンクロスコープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android