コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過渡現象 カトゲンショウ

世界大百科事典 第2版の解説

かとげんしょう【過渡現象 transient phenomenon】

一つの状態から他の状態へ移り変わる際の現象。物理的現象だけでなく,化学反応社会現象などにも広く見られる。例えばスイッチを入れたときの電流の変化,アクセルの踏み方を変えた後の自動車の速度の変化,反応塔内で薬品を混合した後の化学反応,多産多死から少産少死に変わった後の年齢別人口分布の変化などがその例で,きわめて短い時間の変化もあれば,最後の例のように数十年にわたるものや,さらに長いものもある。一般に二つの状態を滑らかに結ぶように現象が起こることが多いが,ばねを引っぱってから放した場合のように,振動的に別の状態に移ったり,人口分布の変化のように過渡現象中は一時的に老齢人口比率が増したり,若年比率が減少したり,結婚適齢期の男女数がアンバランスになるなどの複雑な様相を呈することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かとげんしょう【過渡現象】

安定状態から他の安定状態に移る際に、ある変動を示す現象。例えば電気回路などで、スイッチを入れてから、電圧や電流などが定常状態になるまでの間に起こる現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

過渡現象の関連キーワードトランジェントレコーダーアナログコンピュータシンクロスコープパルス幅変調制御スタインメッツインダクタンスオシロスコープ大槻 喬量子光学定常状態電磁法

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過渡現象の関連情報