コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェミニアーニ ジェミニアーニGeminiani, Francesco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェミニアーニ
Geminiani, Francesco

[生]1687.12.5. 〈洗礼〉ルッカ
[没]1762.9.17. ダブリン
イタリアのバイオリニスト,作曲家。コレリバイオリンを,A.スカルラッティに作曲を学び,バイオリニストとしてオーケストラで活躍。 1714年ロンドンに渡り,49~55年パリに,以後再びロンドンに定住。ソリスト,教師として,コレリより受継いだバイオリン奏法をイギリスに伝えた。高いポジション奏法,ダブルストップ技法の開拓者としても知られる。主著『バイオリン奏法』 The Art of the Violin (1731) は当時各国語に訳された名著。一方,バイオリン・ソナタ合奏協奏曲などを作曲。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェミニアーニ【Francesco Saverio Geminiani】

1687‐1762
ビバルディヘンデルと同時代のイタリアのバイオリン奏者,作曲家,理論家。ローマでコレリにバイオリンを,ナポリでスカルラッティに作曲を学ぶ。1714年ロンドンへ渡り,イギリスを中心に活動した。コレリ風の教会ソナタ形式によるバイオリン・ソナタを多数作曲。著書の中では《バイオリン奏法》(1751)が演奏家としての実践に基づいた最初の奏法指導書として名高い。【片山 千佳子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェミニアーニ
じぇみにあーに
Francesco Saverio Geminiani
(1687―1762)

イタリアのバイオリン奏者、作曲家、音楽理論家。ルッカに生まれる。ミラノでC・A・ロナティ、ローマではコレッリ、そしてナポリではアレッサンドロ・スカルラッティに師事したのち、1714年ロンドンに赴き、演奏家、教師として名声を博する。49~55年パリに滞在するが、ふたたびロンドンに戻り、62年9月17日ダブリンで没した。バイオリン・ソナタや合奏協奏曲の作曲に加え、近代バイオリン奏法の基礎をつくった。The Art of Playing on the Violin Op.9 (1751, London)をはじめとする教則本の著作も重要である。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジェミニアーニの言及

【バイオリン】より

…フランスではJ.M.ルクレールが,コレリ以来のソナタにフランス宮廷器楽の語法を融合させ,フランスにおけるバイオリン音楽の真の基礎を築いた。また18世紀中ごろには,最初の教則本であるジェミニアーニの《バイオリン奏法》(1751)や,L.モーツァルト(1756),サン・セバンJoseph‐Barnabé Saint‐Sévin(1727‐1803。通称ラベ・ル・フィス)(1761)による奏法に関する優れた著作も現れている。…

※「ジェミニアーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジェミニアーニの関連キーワード井原西鶴岡清兵衛インノケンティウス[11世]ゴルコンダ王国ド・コットトリアノンフォントネルヨーゼフ1世怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)東山天皇