コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジギトニン ジギトニン digitonin

2件 の用語解説(ジギトニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジギトニン
ジギトニン
digitonin

化学式 C56H92O29ジギタリスの葉から得られる水溶性結晶。融点 240℃。ジギトニンコレステロール分子化合物 (ジギトニド) をつくって沈殿するため,血液,胆汁液,尿中のコレステロールの検出に使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジギトニン
じぎとにん
digitonin

ステロイドサポニンの一つ。分子式はC56H92O29で分子量は1229、融点235℃。ジギタリスの葉、種子に含まれ、エタノール(エチルアルコール)抽出によって得られる。配糖体の一つであり、加水分解により、1分子のジギトゲニン、2分子のD-グルコースとガラクトース、および1分子のキシロースが得られる。コレステロールはジギトニンと安定な不溶性化合物ジギトニドを生成する。このことは、コレステロールの分離や定量に用いられている。また、動物性または植物性油脂からステロール類をジギトニドとして分離させたあと、無水酢酸でアセチル化して得られたアセチル化物は、動物ステロールと植物ステロールでは融点が異なる。このことは、飲食物の脂質試験に利用されている。そのほか、界面活性剤として、膜タンパク質の可溶化などに利用される。[飯島道子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジギトニンの関連キーワードジギタリスジゴキシン意地汚いギタリストジギタリス末知りすぎた女キバナジギタリスケジギタリスジギタリス属タイリンキバナジギタリス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone