コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジムグリガエル Kaloula borealis; northern narrow-mouthed toad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジムグリガエル
Kaloula borealis; northern narrow-mouthed toad

カエル目ジムグリガエル科。体長 5cmぐらい。体は緑色がかった淡褐色で,横腹と肢に黒っぽい網目模様がある。土中に穴を掘ってひそみ,繁殖期にも穴の中で鳴いていることが多い。雄と雌とが「めーんこん」と鳴きかわすので,一名メンコンガエルと呼ばれる。産卵は一時的な水たまりなどで行われ,卵は1個ずつばらばらで,成育が急速に進む。中国北東部から朝鮮半島にかけて分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジムグリガエル【narrow‐mouthed toad】

後肢で土を掘り,巧みに潜るジムグリガエル(ヒメアマガエル)科ジムグリガエル属Kaloulaに属するカエルの総称。いずれも頭部が小さくて吻(ふん)部がとがり,胴がずんぐり形で,背面から見るとほぼ三角形に見える。体色は全体に褐色を帯びる。代表種であるアジアジムグリガエルK.pulchraは体長5~7cm,中国南部,インドシナ,東南アジアに分布し,日本でも各所で飼育され,目に触れる機会が多い。頭部は小さく,手を触れると胴を膨らませて四肢を突っ張る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジムグリガエル
じむぐりがえる / 地潜蛙
[学]Kaloula borealis

両生綱無尾目ヒメアマガエル科のカエル。中国の揚子江(ようすこう)付近から朝鮮半島にかけて分布する。体長約4センチメートル。背面はオリーブ色で、不規則な暗斑(あんはん)が散在する。腹面は紫を帯びた黄色。ずんぐりした体形で目は小さい。後肢は短いが、足裏の内側の隆起が大きく発達し、これを用いて地中に潜る。夏期の大雨の夜に一時的な水たまりに産卵する。卵はばらばらに水面に浮く。雄の鳴き声は大きい。胚(はい)の発生は速く、半月ほどで変態する。この属(ジムグリガエル属)は東南アジアに広く分布し、本種の分布が北限である。[倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジムグリガエルの関連キーワード倉本