コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャイアント馬場 ジャイアントばば

4件 の用語解説(ジャイアント馬場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャイアント馬場
ジャイアントばば

[生]1938.1.23. 新潟,三条
[没]1999.1.31. 東京
プロレスラー。本名馬場正平。 1955年に三条実業高校を中退し,プロ野球読売ジャイアンツに投手として入団。のち大洋ホエールズに移籍するが,けがで退団。 1960年に力道山に誘われプロレスリングに転向。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャイアント馬場【ジャイアントばば】

プロレスラー。本名馬場正平。新潟県生れ。三条実業高中退後,1954年投手としてプロ野球読売ジャイアンツに入団。その後大洋ホエールズを経て,1960年プロレスに転向し,力道山の門下に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジャイアント馬場 ジャイアント-ばば

1938-1999 昭和後期-平成時代のプロレスラー。
昭和13年1月23日生まれ。プロ野球巨人,大洋の投手をへて,昭和35年力道山に入門。47年全日本プロレスを設立。209cmの長身で,16文キックを得意技とし,アントニオ猪木と人気を二分。平成5年5000試合出場を達成。生涯現役レスラーとして活躍した。平成11年1月31日死去。61歳。新潟県出身。三条実業高中退。本名は馬場正平。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

20世紀日本人名事典の解説

ジャイアント馬場
ジャイアントババ

昭和・平成期のプロレスラー 全日本プロレスリング社長。



生年
昭和13(1938)年1月23日

没年
平成11(1999)年1月31日

出生地
新潟県三条市西四日町

本名
馬場 正平

学歴〔年〕
三条実業高(現・三条商)〔昭和29年〕中退

経歴
高校時代は野球と卓球の選手。中退後、昭和29年投手として巨人に入団。その後、大洋にテスト生として入団するが、キャンプ中に転倒、腕を負傷したため選手生命を絶たれた。35年プロレスに転向、力道山門下に入る。36〜39年2度米国へ武者修業に出かけ、帰国後の40年インターナショナルヘビー級の王座につく。47年独立して全日本プロレスリングを創設、アントニオ猪木らとともに黄金時代を築いた。48年PWFヘビー級、49年NWA世界ヘビー級のチャンピオンとなり、日本マット界の大黒柱となった。平成5年4月5000試合出場を達成。209センチ、140キロの巨体から繰り出す16文キックなどの得意技で人気を得た。還暦を過ぎてもリングにあがり、生涯現役レスラーとして活躍した。また、ユニークキャラクターで親しまれ、クイズ番組やCMなどにも数多く出演した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

世界大百科事典内のジャイアント馬場の言及

【プロレス】より

…力道山は62年に日本人で初めてWWA世界チャンピオンになったが,63年に不慮の死を遂げた。その後一時低迷したが,元プロ野球巨人軍投手で身長2.09mの巨漢ジャイアント馬場の登場,さらにアントニオ猪木の台頭,元柔道日本一の坂口征二の転向などによって人気を挽回した。72年にアントニオ猪木が新日本プロレスを,ジャイアント馬場が全日本プロレスを結成し,以後は2団体を中心とした時代へ移行した。…

※「ジャイアント馬場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャイアント馬場の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊イノニュ尾崎秀実カリーニン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャイアント馬場の関連情報