コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャマールザーデ Jamālzāde

1件 の用語解説(ジャマールザーデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジャマールザーデ【Jamālzāde】

1895ころ‐
イランの作家。現代イランの口語散文文学の提唱者。イラン立憲革命期の著名な大衆説教者ジャマーロッディーン・イスファハーニーの子。イスファハーンに生まれ,ベイルート,パリ,ローザンヌに遊学。第1次大戦中イラク民族主義運動に加わり,後ベルリンでイラン人知識人による文学誌《カーベ》の編集に参画。1921年カーベ社(ベルリン)から短編集《むかしむかし》を上梓,口語散文による現代ペルシア文学マニフェストとみなされ革命的な衝撃を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャマールザーデの関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンスアダメロ岩博文館バレーラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone