コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャングル・ブック ジャングル・ブックThe Jungle Book

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャングル・ブック
The Jungle Book

イギリスの小説家 R.キップリングの物語集。 1894年刊。7つの短編と詩から成る。虎のシアに追われる人間の子供が,狼に助けられ,モーグリと名づけられて養育され,熊のバルーと黒豹のバギーラからジャングルの掟を教えられる。その後モーグリはシアの陰謀によって,ジャングルを追放されるが,大蛇のカーに助けられて,仇敵シアを打倒する。特異な題材と溌剌とした文体とによって好評を博し,キップリングの代表作の一つに数えられるほか,児童文学の傑作としても多くの愛読者をもっている。 95年に続編"The Second Jungle Book"が出た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャングル・ブック

キップリングの小説。1894年刊。続編は1895年刊。合計15編の話からなり,ジャングルで迷子になったモーグリ少年がオオカミに育てられ,動物たちの掟(おきて)を守ってジャングルの指導者となるが,やがて成人して人間の世界に帰るまでの話が中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャングル・ブック

1967年製作のアメリカ映画。原題《The Jungle Book》。キプリングの同名小説の映画化。ウォルト・ディズニー製作の長編アニメーション。監督:ウォルフガング・ライザーマン。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャングル・ブック
じゃんぐるぶっく
Jungle Book

イギリスの作家キップリングの児童文学作品。1894年発表。『狼(おおかみ)少年』とも訳される。95年刊の『セカンド・ジャングル・ブック』とあわせて15編の動物物語中8編が、オオカミに育てられた少年モーグリを主人公にしている。モーグリを中心に、トラと戦い、赤イヌを迎え撃ち、人間の貪欲(どんよく)をこらしめるオオカミの群れを描いた8編は、動物の特性を生かしながらも大胆なほどの擬人化を行うことにより、自尊心、勇気、沈着、生の歓喜など、男性的特質を謳歌(おうか)して、動物文学に新分野を開いた。ほかの7編は、それぞれ独立した好短編だが、物語性、詩情などの点で『白いアザラシ』『リキ・ティキ・タービ』『象のツーマイ』などが多くの人々に愛読されている。[神宮輝夫]
『中野好夫訳『ジャングル・ブック』上下(岩波少年文庫) ▽木島始訳『ジャングル・ブック』(1979・福音館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジャングル・ブックの関連キーワードパーシイー・アルドリッジ グレンジャージョゼフ・ラドヤード キップリングジャングルブック・少年モーグリマイクロス ロージャニルスのふしぎな旅守れ!ジャングルサイホウチョウサム ニール神宮輝夫冒険小説佐藤ユリ動物文学コルダドッジ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャングル・ブックの関連情報