謳歌(読み)オウカ

  • ×謳歌

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
声を合わせて歌うこと。また、その歌。
「或は之を諷詠し、或は之を―し」〈柳河春三編・万国新話〉
声をそろえて褒めたたえること。
「世は名門を―する、世は富豪を―する」〈漱石・野分〉
恵まれた幸せを、みんなで大いに楽しみ喜び合うこと。「青春を謳歌する」「平和を謳歌する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
多くの人が声をそろえてほめたたえること。喜びなどを言動にはっきり表すこと。 青春を-する
声をそろえて歌うこと。また、その歌。 詩変じて謡と成り-せらる/閑吟集
うわさすること。また、うわさ。 洛中に-し、山上に風聞す/平家 一本・延慶本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「謳」は、うたをうたう意)
① 声を合わせていっせいに歌うこと。また、その歌。特に、歌謡、俗謡をいう。
※凌雲集(814)奉和聖製宿旧宮応製〈藤原冬嗣〉「不沛中聞漢筑、謳歌濫続大風音」
※読本・昔話稲妻表紙(1806)一「旨酒珍膳席上にみち、郢曲謳歌(アウカ)室中にかまびすく」
② 声をそろえてほめたたえること。
※本朝文粋(1060頃)六・申美濃加賀等守状〈源為憲〉「若預今春之拝任。定継吉年之謳歌
※野分(1907)〈夏目漱石〉三「世は名門を謳歌(オウカ)する、世は富豪を謳歌する」 〔孟子‐万章・上〕
③ よい境遇にあることをはばかることなく言動に表わすこと。「青春を謳歌する」
※酒ほがひ(1910)〈吉井勇〉祇園冊子「杯を鳴らし祇園を謳歌(オウカ)すと」
④ うわさすること。また、風説。風聞。謳歌の説。
※台記‐久安三年(1147)七月二〇日「三人兄弟、一夜婚姻、人以謳歌、也以嘲哢」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謳歌の関連情報