コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャンビ Jambi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャンビ
Jambi

旧名トゥラナイプーラ Telanaipura。インドネシア,スマトラ島南東部,ジャンビ州の州都。南シナ海側のベルハラ海峡に注ぐハリ川にのぞみ,中型船が寄港する港町でもある。 1100年頃からムラユ王国の首都であったが,1916年オランダの支配下に入った。州内で栽培されるゴムの精製と積出しが盛ん。人口 23万 373 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャンビ(Djambi)

インドネシア、スマトラ島中部東岸の都市。旧称テラナイプラ。ジャンビ州の州都。ハリ川に面し、河港をもつ。近世に海上交易で栄えたシュリービジャヤ王国の都が置かれた。20世紀初頭より油田の開発が進められた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャンビ
じゃんび
Djambi

インドネシア、スマトラ島東海岸中部の都市。旧称をテラナイプラTelanaipuraといい、ジャンビ州の州都である。人口30万1359(1990)。スマトラの大河ハリ川の河口から150キロメートル上流にある河港都市で、歴史的には近世までこの地方を支配したスルタンの王都であったが、20世紀初頭オランダに屈服した。ハリ川はこの付近で幅300メートルもあり、高水時には喫水3メートルまでの汽船が遡航(そこう)できる。古くから地方物資の集散地で、ことに20世紀初頭からは油田開発の中心地ともなった。住民はマレー人がおもで、中国人やアラブ商人も多い。川の右岸は官庁や商業区であるが、左岸は先住民居住区で一部には杭上(こうじょう)家屋、家舟居住もみられる。大学や地方空港もある。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジャンビの言及

【テラナイプラ】より

…インドネシア,スマトラ島南東部の港市。ジャンビ州の州都。人口30万1000(1990)。…

※「ジャンビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャンビの関連キーワードインドネシアの先住民スマトラスラタン州東南アジア美術スリウィジャヤブトカラ室利仏誓リアウ州ブギスクブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャンビの関連情報