コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョセル ジョセル Zoser; Tosorthros

2件 の用語解説(ジョセルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョセル
ジョセル
Zoser; Tosorthros

古代エジプト第3王朝 (前 2686頃~13頃) 2代目の王。ギリシア名トソルトロス。富と権力をもった支配者で,建築家で,博学な宰相のイムホテプの助力を得て強力な王国を築いた。メンフィスを拠点とした最初の王であり,墳墓,寺院を建造,文化的黄金時代を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョセル
じょせる
Djoser

生没年不詳。古代エジプト第3王朝の2代目の王(前2650ころ在位)。初代の王とみる学者もある。在位は29年間とみられる。この王の時代に王権が確立し、国力が充実し、文化が著しく高まった。エジプト最初のピラミッド建造はこの条件のなかで実現した。この発展の時代をもたらした直接の功労者は王の天才宰相イムホテプImhotepである。イムホテプは、太陽信仰の本山であるヘリオポリスの上級祭司であったときに、ジョセル王に登用されて宰相となった。諸学に通じたイムホテプはその独創的な設計と指揮によって、階段ピラミッドおよびそれに付属する地下と地上の建造物を完成した。ピラミッドは王にとって天に昇る階段であり、この階段ピラミッドの出現は、王がヘリオポリスの太陽信仰を王家の公式信仰として採用したことを示している。王はまた、ナイルの渇水によってエジプトが飢饉(ききん)に襲われた際、アスワンで水の神クヌムのために祭事を営み、危機を乗り越えた。[酒井傳六]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョセルの関連キーワードエジプト語エジプト美術ヒクソスルクソールエジプト鼠エジプト綿古代エジプト語エジプト風古代エジプト美術館マルカタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョセルの関連情報