コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョブズ ジョブズ Jobs, Steve

4件 の用語解説(ジョブズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョブズ
ジョブズ
Jobs, Steve

[生]1955.2.24. カリフォルニアサンフランシスコ
[没]2011.10.5. カリフォルニア,パロアルト
アメリカ合衆国の企業家。フルネーム Steven Paul Jobs。アップルの共同創業者の一人で,パーソナルコンピュータパソコン)時代のカリスマ的な先駆者として知られた。のちにシリコンバレーとして知られるカリフォルニア州クパチーノで養子として育つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジョブズ(Steven Paul Jobs)

[1955~2011]米国の実業家。1976年、スティーブ=ウォズニアクと共にアップルコンピュータ社(現アップル)を設立。Macintoshなどのパーソナルコンピューターを発表して地位を築いた。一度は同社を離れたが復帰し、のちCEO最高経営責任者)に就任。iPodiPhoneiPadなどのヒット商品を送り出した。2011年にはCEOを辞して、会長職に退いた。
[補説]2005年スタンフォード大学卒業式のスピーチで最後に繰り返された「Stay hungry, Stay foolish.」が印象的。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジョブズ

アメリカの経営者。アップルコンピューターの最高経営責任者。カリフォルニア州ロス・アルトスに生まれる。オレゴン州リード大学に入学したが1学期で退学し,コンピュータゲームアタリ社に入り設計技術者として働く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョブズ
じょぶず
Steven Paul Jobs
(1955―2011)

アメリカのコンピュータメーカーであるアップル社の創業者。一般にスティーブ・ジョブズSteve Jobsとよばれる。カリフォルニア州サンフランシスコに生まれる。1972年リード大学に進学したが、半年で中退、コンピュータ・ゲーム製作会社アタリで働いたのち、1976年アップル・コンピュータ社(現、アップル社)を友人のスティーブ・ウォズニアックStephen G. Wozniak(1950― )らとともに立ち上げた。1977年パーソナルコンピュータ(パソコン)のアップルを発売、使いやすさが受けて爆発的売上げを記録した。1980年アップルコンピュータ社は株を公開、それに伴ってジョブズは巨額の富を手にし、若くして大富豪となる。さらに1984年には、マウスとGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)を採用した画期的なパソコン、マッキントッシュを発売。しかしその技術は高く評価されたもののマッキントッシュは売上げが伸び悩んだため、ジョブズの立場は苦しくなり、社長のジョン・スカリーJohn Sculley(1939― )と対立、1985年にアップルを追われた。同年ネクストNeXT社を創設し、コンピュータを発売。また、1986年CG(コンピュータ・グラフィクス)映画製作会社ピクサーPixerを創設、1995年ディズニーの全編CGアニメ『トイ・ストーリー』を作成、大ヒットさせた。
 一方、業績不振に陥っていたアップルは、1996年にNeXT社を買収し、ジョブズはアップルに復帰することになった。1997年暫定CEO(最高経営責任者)に就任、1998年に発売した斬新なデザインのパソコンiMac(アイマック)がヒット、2000年にCEOに就任した。2001年に携帯デジタル音楽プレーヤーiPod(アイポッド)を発売、さらに2003年には音楽配信サービスiTunes(アイチューンズ)ミュージック・ストア(現、iTunes Store)を開始して成功をおさめる。その後も2007年にiPhone(アイフォーン)でスマートフォン市場に参入、2010年にはiPad(アイパッド)を発売し、タブレット型端末普及の端緒を開いた。しかし、2004年に膵臓癌(すいぞうがん)、2009年には肝臓癌の手術を受けるなど、健康面で優れず、2011年8月にCEOを退き、同年10月5日に死去。
 ジョブズはつねに新しい感覚で画期的製品を次々に送り出し、製品に対しては性能のみならず、デザインにも妥協を許さない姿勢をみせた。マイクロソフト社を創設したビル・ゲイツとはライバル関係にあり、つねに比較の対象とされていた。2009年には『フォーチュン』誌(アメリカの経済誌)において「過去10年でもっとも優れたCEO」に選ばれている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョブズの関連キーワード豊田聴雪ドーズ実業家実業界少壮ベゾスWilliam Henry Gates III華麗なる女実業家 続・炎のエマ米国の原発生田和平

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョブズの関連情報