ジョンソン伝(読み)ジョンソンでん(英語表記)The Life of Samuel Johnson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョンソン伝
ジョンソンでん
The Life of Samuel Johnson

スコットランド出身のイギリスの弁護士 J.ボズウェルが書いた伝記。 1791年刊。著者は若い頃 S.ジョンソンと知合い,ジョンソンを中心にして文芸や社会を論じる「文学クラブ」の会員となった。このクラブで当時の文人,画家,政治家らとジョンソンとの間にかわされた議論や,ともに旅行したときのジョンソンの言動などを記録したボズウェルは,彼の死後にそれを整理してこの伝記を書き上げた。ジョンソンのきわめて個性的な行動と意見が,細かく記述されたエピソードを通していきいきと読者に伝えられ,イギリス伝記文学の最高傑作として知られている。著者の異常なほどのジョンソンへの傾倒から生れたこの伝記によって,今日でもジョンソンはイギリス人気質を代表する偶像的人物として親しまれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョンソン伝
じょんそんでん
The Life of Samuel Johnson, LL. D.

イギリスの弁護士ボズウェルが書いたイギリス伝記文学の最高傑作。1763年5月16日サミュエル・ジョンソン博士と会いその人格にひかれ、機会あるごとに博士の言動を細かく観察し、会話を記録、手紙を集め、ときには巧みに作為を加え、豊富な資料を駆使して博士の人物像を的確に描く。91年、ジョンソンの死後7年を経て出版。膨大な量の日記などとともに、いわばボズウェルの自伝の一部とも考えられる。[平 善介]
『中野好之訳『サミュエル・ジョンソン伝』全3冊(1981~83・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android