スカトロジー(英語表記)scatology

翻訳|scatology

世界大百科事典 第2版の解説

スカトロジー【scatology】

本来は〈糞便学〉を意味したが,転じて今日では〈糞尿趣味〉〈糞尿譚〉を意味する語。ギリシア語skatos(糞便の)を語源とする。ちなみに糞便の臭気のもとである物質はスカトールscatoleという。スカトロジーという言葉が用いられるようになったのは19世紀後半であるが,糞尿への関心は古くから存在していた。神話や伝承にその例が見られ,たとえば《古事記》には,伊弉冉尊(いざなみのみこと)の大便小便から生まれた神(大便からは波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)と波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ),小便からは弥都波能売神(みつはのめのかみ))が出てくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スカトロジー【scatology】

汚物をめぐる話。糞尿譚ふんにようたん。世界各地の神話や文学作品にみられる。スカトロ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スカトロジー

〘名〙 (scatology) 糞尿や排泄行為を好んで話題に取りあげるような趣味、嗜好。特に、文学における汚穢(おわい)趣味、糞尿のイメージによる表現方法をいう。
狂風記(1971‐80)〈石川淳〉五一「スカトロジイの御趣味について一席ぶってたところだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスカトロジーの言及

【糞】より

…なお,混濁,渾濁(こんだく)と同義にも用いられる溷濁は,元来は糞尿のような汚濁をいう。 糞便およびそのイメージを愛好したり,はなはだしきは好んで食べる人(これを食糞coprophagiaという)がおり,スカトロジー(糞便学)や精神医学の対象となる。アフリカのバクツ族のように,女性が家畜の糞や粘土を油で練って全身に塗り,臭気ただよう陰部を男性に見せて求愛し,男がこれに性欲をそそられるというのは性風俗の際だった違いと映るが,もともと哺乳動物の性器は肛門の近くにあって,性器のにおいと糞便のにおいは混じり合うから,人間の糞便愛好もあながち異常と断じきれない。…

※「スカトロジー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android