コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ひ【屁】[漢字項目]

[音]ヒ(呉)(漢) [訓]へ
おなら。へ。「放屁

へ【×屁】

肛門(こうもん)から放出されるガス。飲み込んだ空気や、腸の内容物の発酵で生じる。おなら。「をひる」
値打ちのないもの、つまらぬもののたとえ。「にもならない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

 胃腸管内のガスや空気が肛門から排出されること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へ【屁 flatus】

俗に〈おなら〉ともいう。消化管内から肛門を経て体外に排出される気体のことで,嚥下された空気,食物や消化液中の炭酸水素塩が酸と反応して生じる炭酸ガスCO2,腸内細菌による腸内容物の発酵や腐敗で発生する種々のガスおよび血中や組織から拡散してくるガス(肺から血中に入るガスも含む)などに由来する。通常,空気と発酵ガスがおもな起源であるが,各発生源の関与する割合は条件により異なる。屁の量と質に影響する因子には,外気の圧力と成分,食物,消化管の分泌,吸収,運動,括約筋の働きや内圧,消化管壁を介するガスの拡散と壁内循環動態,腸内細菌,内容物の管内各部の通過時間とpH,消化管機能の神経性・体液性調節,心理的葛藤および姿勢などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


肛門(こうもん)から放出された腸内ガスをいう。消化管の中には約200ミリリットルのガスがあり、そのうちの約65%は腸内にたまる。腸内ガスの成分は、おおよそ窒素60%、水素20%、酸素10%、炭酸ガス9%となっており、そのほかに若干のメタンガス、硫化水素などが含まれる。腸内ガスの約70%は口から飲み込まれたもので、20%は血液から拡散してきたものである。また、残りの10%は、腸内にすむ大腸菌・腸球菌・サルモネラ菌などの腸内細菌の作用によって糖質が発酵してできたものなどである。腸内においてタンパク質が腐敗すると、アミノ酸は分解されてインドール、スカトールを生成するが、このとき悪臭のあるガスが発生する。また、肉食をするとメタンガスの量が増すといわれている。腸管の運動が弱いと腸内ガスは長く腸管にとどまることになる。この間に吸収されやすい酸素や炭酸ガスは血管内へと拡散されるが、窒素、硫化水素、メタンガスなどは吸収されにくいため、しだいにガスの濃度が高くなる。腸内ガスは、腸管を刺激し、蠕動(ぜんどう)を盛んにさせる作用があるが、細菌の作用が病的に亢進(こうしん)するとヒスタミンやプトマインなどを生じ、これが腸管を刺激して下痢をおこさせる。このほか、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛などの全身的な症状も出現する。また、腸管の運動が弱いと、ガスが腸内にたまって鼓腸をおこし、腹部が膨れてくる。病人の看護の際、ハッカの入った湯で温湿布をすると腸管運動が盛んになって屁が出るようになるが、腸捻転(ねんてん)などの危険もあるため、みだりに行ってはならないとされる。
 腸内ガスのうち、屁となって放出されるのは約90%である。屁のおもな成分は、窒素50%、水素30%、炭酸ガス15%で、酸素、硫化水素のほか、悪臭のもととなるメタンガス、インドール、スカトールによって占められるといわれている。食事や腸の状態によって屁の成分や量は変化し、多いときには1日に1リットル以上もの屁が出ることがある。また、高山に登ると気圧が下がるため、腸内ガスの量は増加する。したがって、高山では屁の量も多く、屁を出す回数が増える。腸管の運動が低下したり、腸が閉塞(へいそく)すると屁は出なくなるが、これをX線透視すると半月形の特徴のある影が数多く認められる。開腹手術のあと医師が放屁(ほうひ)を重視するのは、腸の活動が正常に戻ったか否かの判断基準となるためである。[市河三太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

屁の関連キーワード屁の突っ張りにもならない火は火元から騒ぎ出すニギリタケ(握茸)石に漱ぎ流れに枕す出物腫れ物所嫌わず科負い比丘尼木っ端の火負け惜しみ言出しっ屁久曽可都良最後っ屁後の月見透かし屁屁っ放り屁放き虫河童の屁屁の河童捏ね回す透かす転失気

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屁の関連情報