スキーマ理論(読み)スキーマリロン

  • schema theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知識の構造を表現する手段であるスキーマに関する理論。スキーマとは,いくつかの物事に共通して現れる型についての情報を表現したもので,その語源はイギリスの心理学者フレデリック・C.バートレットの 1932年の論文により提示された。スキーマには,椅子などの対象物が通常もっている性質の集合を記述するために使われるフレーム(→フレーム理論),人がレストランに出かけるときなどによく起こる一連の出来事を記述するスクリプト(→スクリプト理論)などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android