スクロール(英語表記)scroll

翻訳|scroll

デジタル大辞泉 「スクロール」の意味・読み・例文・類語

スクロール(scroll)

[名](スル)
巻くこと。また、巻いたもの。巻物
コンピューターで、ディスプレーに映っている文字列図形上下左右に移動させること。「画面一行ずつスクロールする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「スクロール」の意味・読み・例文・類語

スクロール

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] scroll ) コンピュータなどのディスプレーに表示されている文字や図形を、上下または左右に移動させること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「スクロール」の意味・わかりやすい解説

スクロール
scroll

巻軸装飾のこと。古文書などの巻物をさす語であるが,その形に似せた巻紙形,渦巻形,巻毛形,雲形,蔓形,唐草文様装飾,模様をも意味する。工芸品,彫刻,家具および建築に用いられ,上部の構材を支える持送り(コンソール),部材の端部ないし縁飾に使われることが多い。このうち,例えばイオニア式柱頭にみられるような渦巻装飾ボリュートの名で区別されることがある。バイオリン族楽器の棹の先端の巻形部分,船の舳先の渦形装飾も同名でよばれる。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典 「スクロール」の解説

スクロール

ウィンドウ内に収まらずに表示されていない内容を見るために、ウィンドウの中を上下または左右に少しずつ移動させて、隠れている部分を表示させること。本来は「巻物」という意味。ウィンドウシステムでは、ウィンドウ内に表示しきれない場合に、スクロールバーがウィンドウの右側や下側に現れる。スクロールバーにある「スライダー」というつまみをドラッグしたり、端にある矢印のボタンをクリックすることで、画面の表示位置を動かせる。この矢印のボタンは、スクロールアローまたはスクロールボタンと呼ぶ。また、カーソルキーやマウスのホイールボタンでも画面をスクロールできる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015 「スクロール」の解説

スクロール

正式社名「株式会社スクロール」。英文社名「Scroll CORPORATION」。小売業。昭和18年(1943)「静岡布帛工業株式会社」設立。同26年(1951)「武藤衣料株式会社」に改称。同42年(1967)「ムトウ衣料株式会社」に改称。同45年(1970)「株式会社ムトウ」に改称。平成21年(2009)現在の社名に変更。本社は浜松市中区佐藤。カタログ・インターネット通信販売会社。衣料品・生活雑貨が主力。一般顧客と全国の生協組合員向けに販売。東京証券取引所第1部上場。証券コード8005。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

IT用語がわかる辞典 「スクロール」の解説

スクロール【scroll】

コンピューターや携帯電話などの画面に、同時に表示しきれない文章や画像があるときに、表示されていない部分を表示させるため、スクロールバーカーソルキーを使って画面を上下左右に移動すること。◇「scroll」は本来、巻物の意。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本 「スクロール」の解説

スクロール

ウィンドウ内で全体を一度に表示できないデータを見る際、表示部分を上下左右に移動させて、表示されていなかった部分を画面に出すことです。巻紙(スクロール)を少しずつ読む行為に似ていることから付けられました。
⇨ウィンドウ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ホームページ制作用語集 「スクロール」の解説

スクロール

データ全てを一画面に表示できない場合、表示された絵や文字などを上下左右に動かす事で、残りの部分を表示する機能。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android