コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズ石(錫石) すずいしcassiterite

翻訳|cassiterite

世界大百科事典 第2版の解説

すずいし【スズ石(錫石) cassiterite】

スズの最も重要な鉱石。化学組成SnO2。正方晶系。通常は短柱状。放射同心構造の微細結晶の集合体は木スズ石と呼ばれる。もろい。黄褐色,赤褐色,黒褐色で,ダイヤモンドないし金属光沢。モース硬度6~7。比重6.99。条痕は白色,灰色,褐色。スズ石は花コウ岩,ペグマタイト,接触交代鉱床,熱水鉱床などに少量含まれているが,含スズ花コウ岩がマレーシア,インドネシアなどの高温多湿地域で風化し大規模なスズ石の砂鉱床を形成している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

スズ石(錫石)の関連キーワード透明導電膜付ガラススズ酸(錫酸)バナジウムスズ黄酸化錫酸化スズ(錫)スズ(錫)石スズ鉱物(錫鉱物)防曇ガラス気成作用サチコン

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android