コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタイツ スタイツSteitz, Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタイツ
Steitz, Thomas

[生]1940.8.23. ウィスコンシンミルウォーキー
アメリカ合衆国の生化学者,分子生物学者。ローレンス大学を経てハーバード大学で分子生物学と生化学の博士号を取得。MRC分子生物学研究所の博士研究員を経て,1970年にエール大学に着任。1986年からハワード・ヒューズ医学研究所研究員。ガードナー国際賞(2007),慶應医学賞(2006)など受賞多数。2009年,リボソームの複雑な構造と機能を解析した業績が評価され,ベンカトラマン・ラマクリシュナン,エイダ・ヨナットとともにノーベル化学賞を受賞した。スタイツは特に,1990年代末に X線構造解析での難問であった「位相決定問題」を解決する方法を開発,分解能を飛躍的に上げることで貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタイツ
すたいつ
Thomas A. Steitz
(1940― )

アメリカの生化学者。1966年にハーバード大学分子生物学・生化学の博士号を取得。エール大学で分子生物物理学・生化学の教授、ハワードヒューズ医学研究所研究員を兼任。2009年、ヨナット、ラマクリシュナンとともに「リボソームの構造と機能に関する研究」によりノーベル化学賞を受賞した。
 細胞内にあるリボソームは、生命の設計図であるDNAの情報からタンパク質をつくりだす際に中心的な役割を担うが、その詳細な構造や働きはわかっていなかった。
 ノーベル賞同時受賞者のヨナットが1980年に世界で初めてリボソームの結晶化に成功し、2000年には、スタイツ、ラマクリシュナン、ヨナットの3人がそれぞれX線結晶解析の手法でリボソームの立体構造を原子レベルで解明した。抗生物質の多くは、リボソームの働きを妨げて細菌を殺しているが、立体構造の解明によって新薬の開発にも道を開いた。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スタイツの関連キーワード大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタイツの関連情報