コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタイツ スタイツ Steitz, Thomas

2件 の用語解説(スタイツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタイツ
スタイツ
Steitz, Thomas

[生]1940.8.23. ウィスコンシンミルウォーキー
アメリカ合衆国生化学者,分子生物学者。ローレンス大学を経てハーバード大学で分子生物学と生化学の博士号を取得。MRC分子生物学研究所博士研究員を経て,1970年にエール大学に着任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタイツ
すたいつ
Thomas A. Steitz
(1940― )

アメリカの生化学者。1966年にハーバード大学で分子生物学・生化学の博士号を取得。エール大学で分子生物物理学・生化学の教授、ハワードヒューズ医学研究所研究員を兼任。2009年、ヨナット、ラマクリシュナンとともに「リボソームの構造と機能に関する研究」によりノーベル化学賞を受賞した。
 細胞内にあるリボソームは、生命の設計図であるDNAの情報からタンパク質をつくりだす際に中心的な役割を担うが、その詳細な構造や働きはわかっていなかった。
 ノーベル賞同時受賞者のヨナットが1980年に世界で初めてリボソームの結晶化に成功し、2000年には、スタイツ、ラマクリシュナン、ヨナットの3人がそれぞれX線結晶解析の手法でリボソームの立体構造を原子レベルで解明した。抗生物質の多くは、リボソームの働きを妨げて細菌を殺しているが、立体構造の解明によって新薬の開発にも道を開いた。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタイツの関連キーワードウィスコンシン氷期ウィスワ川スコッチハーツホーンウィスコンシンアースコンシャスウィスピースコッチウィスキー-ヘリテージセンターウィスコンシン[州]ラ・フォレット

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタイツの関連情報