コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スッポンモドキ スッポンモドキ Carettochelys insculpta; pitted-shell turtle

2件 の用語解説(スッポンモドキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スッポンモドキ
スッポンモドキ
Carettochelys insculpta; pitted-shell turtle

カメ目スッポンモドキ科。1属1種で独立の1科を構成する特異なカメ。甲長 70cmに達する個体もあるが,普通は 50cmぐらい。普通のカメ類とスッポン類との中間的な特徴をもち,甲骨板が完全な箱を形成しているにもかかわらず,それをおおう角質の甲板はなく,柔らかい皮膚をかぶっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スッポンモドキ
すっぽんもどき
pitted-shell turtleflyriver turtle
[学]Carettochelys insculpta

爬虫(はちゅう)綱カメ目スッポンモドキ科のカメ。スッポンとヌマガメとの中間の形質をもった原始的な種で、1属1種で科を形成する。別名ニューギニアスッポン。パプア・ニューギニア南部のフライ川流域とオーストラリア北部の淡水に分布し、一部は汽水域にもすむ。甲長約50センチメートル。甲の表面はスッポンと同じく甲板(こうばん)(鱗板(りんばん))を欠くが、ヌマガメ同様に堅い箱形で、背甲は屋根状に隆起している。腹甲中央部は蝶番(ちょうつがい)状に連結するが、頭を引っ込めたあと完全には蓋(ふた)ができない。鼻先は細長い管状。四肢はウミガメのようなオール状で遊泳力が優れる。完全な水生で、比較的浅い水底付近で生活する。餌(えさ)は魚、エビ、水草などである。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スッポンモドキの関連キーワードノガンモドキすっぽんぽん月と鼈擬蟷螂鼈擬すっぽんの日すっぽんぽんのすけスッポンモドキ(擬鼈)丸鍋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スッポンモドキの関連情報