コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストールベルイ Kaarlo Juho Ståhlberg

世界大百科事典 第2版の解説

ストールベルイ【Kaarlo Juho Ståhlberg】

1865‐1952
フィンランド初代大統領。在任1919‐25年。牧師を父としたが,法律の道を歩む。19世紀末に始まったロシア化政策に反対して中央官庁を追われる。1904年議会に選出され,17年の独立後は共和制を支持し,19年初代大統領に当選。前年の内戦で疲弊した国内の統一に尽力する。20年にはタルトゥ条約を結んで対ソ関係を改善。共和制定着のため1任期で引退した。30年代の極右運動に抗して政界に復帰し,再度大統領に出馬するが落選。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストールベルイ
すとーるべるい
Kaarlo Juho Sthlberg
(1865―1952)

フィンランド初代大統領(在任1919~1925)。牧師の子として生まれ、法律面の学業を修める。早くから自由主義的な青年フィン人党で活動。フィンランドの自治権を奪おうとするロシア化政策の強まるなかで、1901年新徴兵制に服しなかったことから政府書記官を解職された。1904年に議会に選出された。ロシア革命(1917)によるフィンランドの独立後、国体問題では共和制を支持。1919年マンネルヘイム将軍を破って初代大統領に当選。1918年の内戦で疲弊した国家国民の統一、共和政体の定着に尽力した。1920年にはタルト条約を結んで対ソ関係を改善し、スウェーデンが分離併合をもくろんだアハベナンマー(オーランド)諸島の保全にも成功した。しかし、歴史的にはロシア支配下にあった同系人の住む東カレリアの帰属について、かならずしも積極的な行動をとらなかったことから、強硬な反対派をつくることになり、のち1930年には極右に拉致(らち)されることになった。1925年の第2回大統領選には、政権交代による共和制促進の立場から辞退。中央政界復帰後、1931年、1937年に再出馬したが、落選した。没年まで政界の顧問、法律関係の仕事に従事した。[玉生謙一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のストールベルイの言及

【フィンランド】より

…大統領は任期6年で,直接選挙で選ばれる。初代大統領はストールベリKaarlo Juho Ståhlberg(1865‐1952。在任1919‐25)。…

【フィンランド】より

…正式名称=フィンランド共和国Suomen Tasavalta∥Republic of Finland面積=33万8145km2人口(1996)=513万人首都=ヘルシンキHelsinki(日本との時差=-7時間)主要言語=フィンランド語,スウェーデン語通貨=マルッカMarkkaヨーロッパの北部を占める共和国。フィンランドは英語名で,自称名はスオミSuomi。国土の面積は日本より少し小さい。その約3分の1は北極圏にあり(最北端は北緯70゜05′30″),アイスランドに次いで世界で最も北に位置する国である。…

※「ストールベルイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストールベルイの関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広級化層理新藤兼人川島雄三市川崑久松静児森一生成瀬巳喜男日中関係

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android