コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スノーフレーク スノーフレークLeucojum aestivum; snowflake

6件 の用語解説(スノーフレークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スノーフレーク
スノーフレーク
Leucojum aestivum; snowflake

ヒガンバナ科の多年生球根植物中部ヨーロッパ原産。日本ではスズランズイセンの名でかなり古くから観賞用に栽培されてきた。質が厚く,やや幅の広い線形の葉を群生させ,春に株の中央から 30~40cmの花茎を出して数個の白花を下向きにつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スノーフレーク(snowflake)

ヒガンバナ科の多年草。鱗茎(りんけい)から線形の葉が出る。4月ごろ、スズランに似た、白色の花を開く。地中海沿岸地方の原産で、観賞用。おおまつゆきそう。すずらんずいせん。 春》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スノーフレーク

スズランズイセンともいう。中・南欧原産のヒガンバナ科の耐寒性秋植球根植物。長さ30cmほどの平たい線状葉を根生,4〜5月約40cmの花茎を数本出し,その先に4〜8個の白花を鐘状に下向きにつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スノーフレーク【snowflake】

ヒガンバナ科スノーフレーク(オオマツユキソウ)属Leucojumの球根植物。オオマツユキソウとも,また俗にスズランズイセンともいう。属名はギリシア語で白いスミレを意味する。ヨーロッパ中部から地中海沿岸地方に9種があり,耐寒性でスイセンのような球根を有している。葉もスイセンに似ているが,カップ状の白花が垂れ下がって咲くものが多い。スノーフレークL.aestivum L.(英名summer snowflake)はオーストリアから南ヨーロッパの原産で,4月ごろに咲き,草丈は30cmほど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スノーフレーク【snowflake】

ヒガンバナ科の球根草。地中海沿岸地方原産。秋に植え、翌春40センチメートルほどの花茎の先にスズランに似た純白色の花を五、六個つける。葉はスイセンに似る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スノーフレーク
すのーふれーく
snowflake
[学]Leucojum aestivum L.

ヒガンバナ科の秋植え球根草。オオマツユキソウ、スズランズイセンともいう。鱗茎(りんけい)は径2.5~4センチメートル。葉は光沢のある緑色を呈して細長く、30~40センチメートル。4月下旬~5月上旬、30~40センチメートルの花茎に釣鐘状でスズランに似た径1~2センチメートルの白色花を4~8個、下向きに開く。地中海沿岸原産。園芸品種のグレビディジャイアントは、花は大きくじょうぶである。
 ほかにウェルナムL. vernum L.やアキザキスノーフレークL. autumnale L.がある。アキザキスノーフレークは寒さに弱いが、ほかの品種は耐寒性があり、2~3年植えたままでよい。植え付けは9~10月。いくぶん湿気の多い所でよく育つ。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スノーフレークの関連情報