コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバル(昴) スバル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スバル(昴)
スバル

文芸雑誌。 1909年1月~13年 12月。通巻 60冊。与謝野鉄幹,晶子夫妻主宰の『明星』を脱退した北原白秋木下杢太郎吉井勇らが,『明星』の廃刊後に,新しい運動の母体として発刊。森鴎外,上田敏を精神的支柱に仰ぎ,のちには与謝野夫妻も協力した。ほかに主要な同人は石川啄木,平出修,茅野蕭々長田秀雄,高村光太郎らで,『明星』が明治浪漫主義の拠点となったのに対し,耽美と享楽のデカダンスを特色とし,都会趣味やエキゾチシズムなど官能的な極彩色の詩的世界を完成,「パンの会」とともに後期浪漫主義を主導した。鴎外の『ヰタ・セクスアリス』『青年』『』などの名作が相次いで発表され,詩から散文へ転じた木下杢太郎の小説『荒布 (あらめ) 橋』,戯曲『南蛮寺門前』,吉井勇の戯曲『午後三時』や『酒ほがひ所収の短歌,北原白秋の『桐の花』所収の短歌が異彩を放った。出資者平出修の病勢悪化によって廃刊。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スバル(昴)の関連キーワード水上滝太郎三田文学新詩社

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スバル(昴)の関連情報