コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンの会 パンのかい

6件 の用語解説(パンの会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンの会
パンのかい

明治末期の耽美主義文芸運動の拠点となった談話会。 1908年 12月に発足。会名はギリシア神話牧羊神パンによる。『スバル (昴) 』系の木下杢太郎北原白秋,吉井勇,石川啄木らの詩歌人,美術雑誌『方寸』に拠る山本鼎,石井柏亭森田恒友らの美術家,さらに自由劇場小山内薫市川左団次らが参加し,主として 20代の芸術家たちが浪漫派の新芸術を語り合う目的で出発した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パン‐の‐かい〔‐クワイ〕【パンの会】

《Pānはギリシャ神話の神の名》明治末期の青年文芸・美術家の懇談会。反自然主義を掲げ、耽美(たんび)的傾向の新しい芸術運動を起こした。北原白秋木下杢太郎(きのしたもくたろう)吉井勇石井柏亭(いしいはくてい)高村光太郎らが参加。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パンの会【パンのかい】

明治末期,木下杢太郎北原白秋石井柏亭らが中心となり,文学者と美術家の交流を図ろうとした集りで,1908年12月に始まり1912年ごろ終わった。吉井勇山本鼎上田敏高村光太郎永井荷風谷崎潤一郎など広く文学・美術関係の人びとが参加し,耽美(たんび)派をもって目された作家・詩人の一種の芸術運動となった。
→関連項目長田秀雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パンのかい【パンの会】

明治末期の文芸懇談会。〈パン〉はギリシア神話に登場する半獣神パンPanで,享楽の神。1908年(明治41)末,雑誌《スバル》の詩人,北原白秋,木下杢太郎,長田秀雄,吉井勇らと,美術同人誌《方寸》に集まっていた画家,石井柏亭,山本鼎,森田恒友,倉田白羊らが,文学と美術との交流を図って興した会で,月に数回,隅田河畔の西洋料理店集まり,美と酒との饗宴を繰り広げた。高村光太郎はやや遅れて参加,上田敏,永井荷風らの先達もときに参会し,耽美派のメッカの観を呈した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パンのかい【パンの会】

〔パン(Pan)はギリシャ神話の半獣神〕
明治末期の耽美派の青年芸術家グループの懇談会で、反自然主義を掲げた。山本鼎・石井柏亭ら美術雑誌「方寸」の洋画家と木下杢太郎・北原白秋ら雑誌「スバル」の詩人が交流をはかった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンの会
ぱんのかい

反自然主義を標榜(ひょうぼう)した青年文学者の集まりで、会の名のパンはギリシア神話の牧羊神Panからとったもの。1908年(明治41)12月、新詩社を脱退して『スバル』に拠(よ)った北原白秋(はくしゅう)、木下杢太郎(もくたろう)、高村光太郎(こうたろう)、吉井勇らに、石井柏亭(はくてい)ら青年画家を交えて第1回の会をもった。その主張は異国情緒・江戸情緒賛美の耽美(たんび)的傾向にあり、のちには第二次『新思潮』、『白樺(しらかば)』同人の参加などもあって反自然主義文学運動の一大集結の観を呈した。機関誌として発行された『屋上庭園』(1909~10)は発売禁止にあって2号で廃刊したが、会自体は明治末年まで続き、大正文学の一つの母体となった。[田沢基久]
『野田宇太郎著『日本耽美派文学の誕生』(1975・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパンの会の言及

【北原白秋】より

…キリシタンや南蛮文化など,異国情緒豊かな水郷柳川の恵まれた環境で幼少期を過ごし,中学時代から《文庫》に短歌を投稿,やがて新詩社に入り,詩,短歌を発表して《明星》新人の筆頭となる。1908年,吉井勇,木下杢太郎らと新詩社を脱退してパンの会創立に参加,これは江戸情緒や異国趣味にひたって官能の解放を求める耽美派文学の拠点となった。09年,第1詩集《邪宗門》出版。…

※「パンの会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パンの会の関連キーワードギリシャ神話ギリシャ文字懇談会安全保障有識者懇談会ギリシア棺謀殺事件マスコミ倫理懇談会科学者平和問題懇談会経済再建懇談会政府重臣懇談会日本平和研究懇談会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンの会の関連情報