コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカダンス décadence

翻訳|décadence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デカダンス
décadence

「衰退」を意味するフランス語で,ローマ帝国の末期や江戸化政度の文化的爛熟のはての頽唐をいうが,特に 19世紀末のフランスに興った文学的傾向をさし,世紀末芸術,象徴主義と同義に使われる。ボードレール先駆とするベルレーヌ,マラルメ,ユイスマンスら象徴派の詩人たちによって代表され,ベルレーヌの詩句「われはデカダンスの終末の帝国」によって広く流布した。伝統的な規範や道徳に反発して,病的な情調を重んじ,極端に洗練された技巧を尊び,異常,珍奇,退廃的な美を追求する耽美的な傾向を示す。ユイスマンスの小説『さかしま』 (1884) に最も端的な表現を得た。イギリスでは,その影響によってペーターの流れをくむオスカー・ワイルドを中心に,ダウソン,ビアズリーらの「世紀末文学」が出現した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

デカダンス(〈フランス〉décadence)

19世紀末、フランスを中心とした文芸上の一傾向。虚無的、退廃的、病的な唯美性を特色とする。ボードレールを先駆とし、ベルレーヌランボーらに代表される。退廃派
虚無的、退廃的な風潮や生活態度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

デカダンス

フランス語で退廃,衰退の意。文学史上では,19世紀末ヨーロッパ,特にフランスに生じた,懐疑的・耽美(たんび)的・悪魔的傾向をさす。初期象徴派の一特徴でもあり,このような芸術家をデカダン派と呼ぶ。
→関連項目武林無想庵唯美主義

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

デカダンス【décadence】

虚無的・退廃的な傾向や生活態度。
一九世紀末の懐疑思想に影響を受けて、既成の価値・道徳に反する美を追い求めた芸術の傾向。フランスのボードレール・ベルレーヌ・ランボー、イギリスのワイルドなど。退廃派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デカダンス
でかだんす
dcadenceフランス語

退廃主義。頽唐(たいとう)派ともいう。衰微、衰退を意味する語で、ギボン著『ローマ帝国衰亡史』(1776~88)に読まれるように、ローマ帝国が爛熟(らんじゅく)から衰退、破滅に向かう過程の病的で享楽主義的文芸の風潮をさすことば。19世紀末フランスにおいて、ボードレール、ベルレーヌ、マラルメ、ランボーらの悪魔主義、象徴主義の影響を受けたモーリス・ド・プレッシー、ロダンバック、ラフォルグら一群の象徴派詩人たちが自らをデカダンとよんだことから、世紀末的文芸思潮の呼称となる。彼らはユイスマンスの小説『さかしま』(1884)の反社会・反道徳性を模倣し、人工美や醜悪なものに美をみいだすことに耽溺(たんでき)した。イギリスのスウィンバーン、ワイルド、わが国では木下杢太郎(もくたろう)を中心とする「パンの会」(1908~12)の文学運動にこの傾向がみられる。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデカダンスの言及

【デカダン派】より

…〈デカダンスdécadence〉は一般に衰退,落,退廃を意味するフランス語である。本来はローマ帝国末期の文化が爛熟の極に衰退して技巧的になり,不自然,不健康,腐敗の様相をあらわしてくることを指したが,ここではパリを中心とした19世紀末の一群の芸術家たちの傾向を指す。…

【唯美主義】より

…これは唯美主義の本質をつく言葉であり,ワイルドにも,またその影響が濃厚な《禁色》の作家三島由紀夫や,同じくワイルドの《謎をもたぬスフィンクス》を種本に短編《秘密》を書いた谷崎潤一郎にも当てはまる。 19世紀以来の唯美主義は観念的美の世界と悪魔的な官能美への惑溺,すなわちデカダンスdécadenceの二極を絶えず往復しているが,これはスウィンバーンに影響を与えたフランスの文学者ゴーティエボードレールに始まる。前者は,いわゆる〈芸術至上主義〉,すなわち〈芸術のための芸術l’art pour l’art〉(命名は1845年,V.クーザンによる)の唱道者として知られ,効用性を超越した自律的な美を主張した。…

※「デカダンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デカダンスの関連キーワードシモンズ(Arthur Symons)セルゲイ セルゲーエフ・ツェンスキーアーサー・ウィリアム シモンズガブリエル ダンヌンツィオセルゲーエフ・ツェンスキーフョードル ソログープドリュ・ラ・ロシェルJ. ラングベーンジュール パスキンレオポルド スタフ新ヒューマニズムジュパンチッチスウィンバーンパラッツェスキビーアバウム若きウィーントンマゼーオラングベーンアフマートワ織田作之助

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android