コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピシュスキー城 スピシュスキーじょうSpissky Hrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピシュスキー城
スピシュスキーじょう
Spissky Hrad

スロバキア東部の高原にある城塞。一帯では前 5000年頃から人が住み,1世紀には砦をめぐらせた居住区がつくられた。9世紀の大モラビア国時代に要塞が築かれたが,10世紀初めにハンガリーの侵入を受けて崩壊した。 12世紀初めから城の建造が始まったが地盤が悪く崩壊,13世紀に再建された。当初ロマネスク様式だった聖堂がハンガリー人の手でゴシック様式に改められたほか,15~16世紀には城の後方にルネサンス様式やバロック様式の建物が次々に増築された。 18世紀に焼失後,採石場となり荒廃の一途をたどった。城のふもとの町スピシュスケー・ポドフラジェ (現在はスピシュスカー・カピトゥラに併合) は 15世紀には布地製造で繁栄,13~15世紀にかけて描かれたフレスコ画で名高いジェヘラ聖霊聖堂や聖マルティン大聖堂などが残されている。 1993年周辺の建造物とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スピシュスキー‐じょう〔‐ジヤウ〕【スピシュスキー城】

Spišský hrad》スロバキア東部にある城。13世紀初頭、タタール人の侵入に備えて建てられ、15世紀から16世紀にかけてルネサンスバロックなどの様式で増改築された。1780年の火災で廃墟となるが、一部は再建されて博物館になっている。1993年、城下町の歴史的建造物とともに「スピシュスキー城とその関連文化財」として世界遺産(文化遺産)に登録された。スピシュ城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スピシュスキー城の関連キーワードレヴォチャ歴史地区、スピシュスキー城及びその関連する文化財スピシュスケーポドフラディエスピシュスカーカピトゥラレボチャジェフラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android