コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプレーグ

3件 の用語解説(スプレーグの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スプレーグ

米国の電気技術者,企業家。T.A.エジソンの下で働いた後,1884年にスプレーグ電気鉄道会社を興して電動機の製作を始め,1887年にはリッチモンドトロリー市街電車を建設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スプレーグ【Frank Julian Sprague】

1857‐1934
鉄道の電気牽引を実用化したアメリカの発明家,企業家。コネティカット州ミルフォードに生まれ,海軍兵学校で学んだ。1882年にT.A.エジソンの助手となり,のちスプレーグ電気鉄道・電動機会社をつくって独立した。87年にスプレーグは,リッチモンドで12マイルにわたる市街電車の建設を始めた。ここで彼は,床下に電動機を収容した電車をつくった。以後,アメリカほかイタリアドイツで多数の電気鉄道を建設,列車の総括制御方式やトロリーなどを考案した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スプレーグ
すぷれーぐ
Frank Julian Sprague
(1857―1934)

アメリカの電気技術者、発明家。コネティカット州ミルフォードに生まれる。海軍兵学校に入学、そこで電気技術に興味をもち、物理学の特別コースで学ぶ。乗艦勤務ののち、1883年エジソンの助手となる。翌1884年スプレーグ電気鉄道・原動機会社(のちにゼネラルエレクトリック社に吸収)を設立し電動機を製作。1887年バージニア州リッチモンドで、初めてトロリーポールによる集電式電車を走らせた。また高速度自動電気エレベーター装置の考案や、電車に多くの電動機を設備しこれに適切な制御をして速度を加減する方式も発明。また直流高圧電気鉄道のシステム、自動電気信号機や鉄道車両ブレーキ制御方式を発展させるなど、数多くの考案や発明があり、電気鉄道の父とよばれている。彼の電気技術の発明・発展の功績に対しパリ万国博覧会金メダル(1889)、エジソンメダル(1910)、フランクリンメダル(1921)など数多くの賞が贈られている。また地下鉄道の熱心な提唱者でもあった。[松澤正二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スプレーグの関連情報