コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベルドロフ スベルドロフSverdlov, Yakov Mikhailovich

4件 の用語解説(スベルドロフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベルドロフ
スベルドロフ
Sverdlov, Yakov Mikhailovich

[生]1885.6.3. ノブゴロド
[没]1919.3.16. モスクワ
ロシアの革命家。 1901年革命運動に参加し,05年の革命にはウラル地方で活動。 12年社会民主労働党中央委員となり,ボルシェビキの機関紙編集を担当。 17年の二月革命後党書記になり,十月革命の指導に参画。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スベルドロフ

ロシア・ソ連の共産党活動家。ニジニ・ノブゴドロの職人の子に生まれる。1901年ロシア社会民主労働党に入党し,M.ゴーリキー追放抗議デモに参加して逮捕され,以後流刑,脱走を繰り返す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スベルドロフ【Yakov Mikhailovich Sverdlov】

1885‐1919
ロシア・ソ連邦の党活動家。ニジニ・ノブゴロドの職人の子。1901年ロシア社会民主労働党入党。この年M.ゴーリキーの追放抗議デモに参加し最初の逮捕。以後流刑,脱走を繰り返す。05‐06年エカチェリンブルグ(24‐91年,彼にちなんでスベルドロフスクと改称),ウラル地方の党組織を指導した後,反動期のモスクワ,ペテルブルグ等で活動。12年プラハでの第6回党協議会後,流刑で不在のまま中央委員に補選され,ロシア・ビューローの一員となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スベルドロフ
すべるどろふ
Яков Михайлович Свердлов Yakov Mihaylovich Sverdlov
(1885―1919)

ロシアの革命家。ユダヤ人銅版職人の家庭に生まれる。1901年ロシア社会民主党に入り、同年、生地ニジニー・ノブゴロドからの作家ゴーリキーの追放に抗議するデモに参加して逮捕された。以後、職業革命家として各地で活動し、05年の第一革命期にはウラルのエカチェリンブルク(スベルドロフにちなんで1924~91年はスベルドロフスクとよばれた)などで党組織を指導、17年の二月革命まで再三再四逮捕され、長い獄中、流刑生活を送った。17年、党の4月協議会で中央委員会書記に選ばれ、中央と地方組織との連絡調整、要員の配置、首都における十月蜂起(ほうき)の準備と推進に組織者としての手腕を発揮した。十月革命後、中央委員会書記にとどまったまま全ロシア中央執行委員会議長(国家元首に相当)を兼任、憲法の制定や中堅党員の養成にも尽力した。各地を遊説中病気にかかり、モスクワにおいて33歳の若さで死去した。[原 暉之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スベルドロフの関連キーワード東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン一次脱ガラス化作用大阪事件後藤牧太天津条約

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スベルドロフの関連情報