コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクテーター The Spectator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペクテーター
The Spectator

イギリスの評論家 R.スティールと J.アディソンが創刊した評論・随筆新聞。 1711年3月1日から 12年 12月6日まで発行。日刊。 14年に再刊されたが長くは続かなかった。「スペクテーター・クラブ」で当時の地主,新興商人,軍人などのメンバーが時代風俗,道徳,芸術などを論じ合うというフィクションを中心に,架空の投書の形式なども用いて,当時のほとんどあらゆる話題を取上げ,庶民にもわかりやすい文体と内容で常識的市民道徳を説いている。イギリスの定期刊行物史上で重要な位置を占めるが,それにもまして,市民文学,小説の歴史において重要な役割を果した。なお,同名の週刊誌が 1828年に創刊されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スペクテーター(The Spectator)

アジソンとスティールが共同で創刊した新聞。架空の会員クラブが発行するという体裁で、二人のエッセーを主に掲載。1711年3月から1712年12月まで、日刊で全555号を発行。その後、1714年にアジソンが再刊したが、80号で終刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

スペクテーター【Spectator】

イギリス18世紀初期の日刊のエッセー・ペーパー。アディソンJoseph AddisonとスティールRichard Steeleが1711年3月1日に創刊した。スティールは,1709年4月12日からアディソン,スウィフトJonathan Swiftら文人の協力をえて《タトラーTatler》(週3回刊)と題する,ビカスタッフIssac Bickerstaffという架空の語り手によるエッセー主体の新聞を出し,大きな成功を収めていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スペクテーター
すぺくてーたー
The Spectator

18世紀イギリスの日刊紙。1711年3月、R・スティールとJ・アジソンによって創刊。仮想人物からなる会員クラブの発行という形式で、当時の風俗や文学に関する2人のエッセイを主として掲載する。田舎(いなか)紳士、サー・ロジャー・ド・カバリーといった仮想人物などで有名。1712年12月、555号でいったん廃刊。その後1714年アジソンにより再刊、80号で終刊。[玉泉八州男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスペクテーターの言及

【イギリス】より

… 1695年,絶対王政型の事前検閲法規が消滅。1702年には日刊紙《デーリー・クーラント》が誕生,またアディソン,スティールの《スペクテーター》(1711刊)などの教養・娯楽紙も流行し,新聞は社会に定着する。31年にはケーブEdward Caveが《ジェントルマンズ・マガジン》を出し,総合雑誌の原型をつくった。…

【スティール】より

…1709年,学校時代の旧友アディソンを誘って週3回の定期刊行物《タトラー》を創刊。その成功に勢いを得て11年に発行した《スペクテーター》も評判となった。続いて刊行した雑誌《ガーディアン》(1713)はホイッグ党色が強く,また彼自身議員(1713‐14)として活躍したが,スウィフトらと対立し議席を失った。…

※「スペクテーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スペクテーターの関連キーワードスティール(Sir Richard Steele)アービング(Washington Irving)アジソン(Joseph Addison)ニュー・ステーツマンアン アプルボームイアン マクラウドジャーナリズムプロレスリングイギリス文学エゴティスムトランブルジョンソンバッジェルゴッツィギブソン雑誌社説出版

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android