コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクトル拡散通信 スペクトルかくさんつうしんspread spectrum communication

世界大百科事典 第2版の解説

スペクトルかくさんつうしん【スペクトル拡散通信 spread spectrum communication】

略してSSともいう。通常の方式に比べて極端に広い周波数帯幅を使用して情報の伝送を行う一種の広帯域伝送方式。この方式は,番地(相手局)選択,符号分割多重化,高分解能距離測定,干渉除去などの機能を有する。また,電力密度が小さいこと,秘話性を有することも特徴にあげられる。この方式の研究は,1940年代から行われていたが,日本では,それほど注目されていなかった。ところが,78年に,新聞の一面トップにスペクトル拡散通信に関する記事が掲載されたことにより,一躍注目を浴びるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スペクトル拡散通信の関連キーワード符号分割多元接続

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android