コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーツのけが すぽーつのけが

1件 の用語解説(スポーツのけがの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

すぽーつのけが【スポーツのけが】

スポーツ外傷(がいしょう)とスポーツ障害(しょうがい)
 スポーツによるけがには、スポーツ外傷とスポーツ障害とがあります。
 スポーツ外傷は、強い外力が加わったなど、けがの直接の原因がはっきりしているものをいい、競技中の骨折や打撲(だぼく)などをさします。
 スポーツ障害は、直接の原因がはっきりしないものをいい、そのスポーツでくり返し加わる小さい外力の積み重ねによっておこるもの、たとえば、ジョギングによる膝(ひざ)の痛みや野球肘(やきゅうひじ)、疲労骨折(ひろうこっせつ)(「骨折とは」の疲労骨折)などのほか、スポーツ外傷の後遺症を含める場合があります。
 スポーツによる事故には、循環器疾患や脱水症(だっすいしょう)、熱中症(ねっちゅうしょう)など内科的なものもありますが、外傷障害のほうが一般に多くみられ、なんらかのかたちでスポーツをする人の1%前後に発生するといわれています。
 また、スポーツ競技の内容が高度で専門化するほど、さらに格闘技(かくとうぎ)など、からだのコンタクト(接触)が多い競技ほど発生率が高くなります。
 スポーツ外傷とスポーツ障害には、頭部外傷や、胸部、腹部の内臓のけがもありますが、圧倒的に多いのは整形外科で扱われるけが、とくに打撲、ねんざ、骨折、靱帯(じんたい)や腱の損傷などです。
 スポーツ外傷・障害で、頭部外傷を負った場合は脳神経外科、胸腹部の外傷では外科、皮膚の創傷(そうしょう)では形成外科か外科、耳・鼻は耳鼻咽喉科(じびいんこうか)、目なら眼科を受診します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

スポーツのけがの関連キーワードスポーツドクタースポーツウエアスポーツカフェスポーツ新聞スポーツマンスポスポーツウーマンスポーツ刈スポーツドック生涯スポーツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポーツのけがの関連情報