コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーツ基本法 スポーツきほんほう

3件 の用語解説(スポーツ基本法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポーツ基本法
スポーツきほんほう

平成23年法律78号。2011年8月24日施行。1961年に施行されたスポーツ振興法(昭和36年法律141号)を全面改正し,名称を改めた。「スポーツは,世界共通の人類の文化である」との理念から,国民生活におけるスポーツの多様な役割の重要性にかんがみ,スポーツ立国の実現をめざすため,国家戦略の一環として,スポーツに関する施策を総合的かつ計画的に推進することを目的とし,スポーツに関しての基本理念を定める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スポーツ基本法

スポーツ振興法を50年ぶりに全面改正し、今年6月に成立した。振興法は学校教育などを通じてスポーツの普及を目指す行政側の視点に立っていた。しかし成人になって市民スポーツに参加する人が増えたため、基本法はすべての人にスポーツを楽しむ権利を認めた「スポーツ権」を盛り込んだ。また、これまでの政策は競技スポーツが中心だったが、基本法は地域スポーツも重視。スポーツの推進を国の責務とし、国や地方自治体からの財政確保にも触れた。

(2011-12-20 朝日新聞 朝刊 スポーツ3)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スポーツ‐きほんほう〔‐キホンハフ〕【スポーツ基本法】

スポーツに関する施策の基本となる事項を定めた法律。平成23年(2011)施行。昭和36年(1961)制定のスポーツ振興法を全面改正したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スポーツ基本法の関連キーワードサッカーくじスポーツバースポーツマントトスポーツ刈スポーツ立国スポーツ振興投票日本スポーツ振興センター障害者スポーツスポーツ振興法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポーツ基本法の関連情報