コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーリング スポーリング spalling

2件 の用語解説(スポーリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポーリング
スポーリング
spalling

耐火物が衝撃などで破壊する現象。機械的衝撃,構造的原因によって割れて破壊する場合もいうが,普通は熱的スポーリングのことをさす。耐火物は一般に熱伝導率が大きくないので,急熱急冷すると,内外に温度差ができ,熱膨張の差で,ひずんで破壊する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スポーリング【spalling】

耐火物の剝落(はくらく),崩壊する現象をいう。耐火物は高温で使用されるので,加熱,冷却にともなう温度変化を受ける。一般に耐火物の熱伝導率は1~10kcal/mh℃と低く,熱膨張率は(5~10)×10-6石英ガラスの10倍以上も大きいために,熱変化によって大きな応力が生ずる。また,耐火物は使用中に変質して内部ひずみを生じ,これに熱変化が加わることによって応力を助長し,崩壊する。スポーリングはこの応力がその耐火物の強度を超えた場合におこるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スポーリングの関連キーワード剥落・剝落剥落表層崩壊大久保‐ツヴァイク‐飯塚の規則ベル現象田所芳秋荷重軟化酸性耐火物中性耐火物定形耐火物

スポーリングの関連情報