コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポーリング spalling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スポーリング
spalling

耐火物が衝撃などで破壊する現象。機械的衝撃,構造的原因によって割れて破壊する場合もいうが,普通は熱的スポーリングのことをさす。耐火物は一般に熱伝導率が大きくないので,急熱急冷すると,内外に温度差ができ,熱膨張の差で,ひずんで破壊する。一般に高級耐火材料ほどスポーリングを起しやすく,マグネサイト,クロマイトなどは,耐熱性は十分であるが,熱の高低に対する膨張,収縮が大きく,高熱部に使用困難なことが多いので,その場合は煉瓦積みよりスポーリングの影響の少い粉粒のスタンピングのほうがよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スポーリング【spalling】

耐火物の剝落(はくらく),崩壊する現象をいう。耐火物は高温で使用されるので,加熱,冷却にともなう温度変化を受ける。一般に耐火物の熱伝導率は1~10kcal/mh℃と低く,熱膨張率は(5~10)×10-6と石英ガラスの10倍以上も大きいために,熱変化によって大きな応力が生ずる。また,耐火物は使用中に変質して内部ひずみを生じ,これに熱変化が加わることによって応力を助長し,崩壊する。スポーリングはこの応力がその耐火物の強度を超えた場合におこるものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スポーリングの関連キーワード笹川 良一

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スポーリングの関連情報