コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スモレット スモレット Smollett, Tobias George

6件 の用語解説(スモレットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スモレット
スモレット
Smollett, Tobias George

[生]1721.3.19. ダンバートンシャー,ダルクハーン
[没]1771.9.17. リボルノ
イギリスの小説家。グラスゴー大学で医学を学び,海軍軍医を経てロンドンで開業,かたわら小説を書く。主作品に,『ロデリック・ランダム』 The Adventures of Roderick Random (1748) ,『ペリグリン・ピクルの冒険』 The Adventures of Peregrine Pickle (51) ,『ハンフリークリンカーの遠征』 The Expedition of Humphry Clinker (71) などがあり,これらはいわゆる悪者小説に属するものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スモレット(Tobias George Smollett)

[1721~1771]英国の小説家。風刺とユーモアを込めた写実的な悪漢小説を書き、ディケンズに影響を与えた。作「ロデリック=ランダム」「ハンフリー=クリンカー」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スモレット

英国の小説家。スコットランド生れ。グラスゴー大学で学び外科医をしたこともあるが,のちロンドンで文筆,編集に専念し,18世紀英国小説隆盛期の主要作家となる。《ロデリック・ランダム》(1748年),《ペリグリン・ピックル》(1751年),《ハンフリー・クリンカー》(1771年)などの作品は悪者(わるもの)小説の伝統を継ぎ,ディケンズに影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スモレット【Tobias George Smollett】

1721‐71
イギリスの小説家。スコットランドに生まれ,グラスゴー大学に学んだと考えられる。グラスゴーの外科医の下で修業し,1739年ロンドンに行き,翌年海軍に入隊,41年のカルタヘナ沖海戦に加わる。ジャマイカに滞在後イギリスに帰り,外科医としてロンドンで開業するが,医業より文筆に興味を覚え風刺詩などを書く。48年フランスの作家ル・サージュの《ジル・ブラース物語》を模して《ロデリック・ランダム》を出版し名声を上げる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スモレット【Tobias George Smollett】

1721~1771) イギリスの小説家。写実的海洋小説、ピカレスク(悪漢)小説に先駆的作品を残す。代表作「ハンフリー-クリンカー」「ロデリック-ランダム」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スモレット
すもれっと
Tobias George Smollett
(1721―1771)

イギリスの小説家。スコットランド出身。S・リチャードソンやH・フィールディングらとともに18世紀中ごろに人気があった。彼の生涯については伝説的要素が多く、不確実なところがあるのは小説『ロデリック・ランダム』(1748)に自伝的要素を織り込んだためといわれる。グラスゴー大学を中退し海軍軍医助手となってカルタヘナ遠征に従軍、のちロンドンで外科医を開業しながら『ロデリック・ランダム』を書いた。フランスのル・サージュの『ジル・ブラース物語』の英訳を出したり、前者の続編ともいうべき悪党物語『ペリグリン・ピクル』(1751)などを書いて近代的写実小説の発展に寄与した。一方、ジャーナリストとしても活躍したが、健康を害して1763年フランス、イタリアに遊び、その旅行記を書いたりした。最高傑作は旅行記と書簡体とを混合した『ハンフリー・クリンカー』(1771)で、彼はこの小説をイタリアで完成し、故国におけるその成功を知らず異国で没した。日記形式の旅行小説として異色のものである。彼のユーモアはこの最後の作品に花を開きかけたが完成せずに終わった。不道徳な素材のため、死後しばらくは不評であったが、ピカレスク(悪漢)小説作家としてその写実性を買われ、19世紀初期に名をなしたディケンズに大きな影響を与えている。[櫻庭信之]
『村上至孝著『笑いの文学 スターンとスモレット』(1955・研究社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スモレットの関連キーワードペンバートンマリエンバートランバーサポート三ナンバー車文壇バーダンバートン・オークスブルー・バートンボンバーマンカートランバート・バレエ団ダンバートン・オークス提案

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スモレットの関連情報