コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スモーリー スモーリー Smalley, Richard E.

2件 の用語解説(スモーリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スモーリー
スモーリー
Smalley, Richard E.

[生]1943.6.6. オハイオ,アクロン
[没]2005.10.28. テキサスヒューストン
アメリカの化学者。 1973年プリンストン大学で博士号を取得。 1976年にライス大学の教壇に立ち,その後同大学の化学教授に,1990年からは,物理学教授も兼任。 1985年 H.W.クロート,R.F.カールとともに新しい炭素分子をつくり出す実験を行ない,黒鉛にレーザーを照射して蒸発させ炭素原子が 60個集まった安定した分子 C60 の生成に成功。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スモーリー
すもーりー
Richard E. Smalley
(1943―2005)

アメリカの化学者。オハイオ州生まれ。1961年ホープ大学に入学後ミシガン大学に編入し1965年に卒業。シェル化学に就職しポリプロピレン工場の品質管理研究所、プラスチック技術センターに勤務。1969年プリンストン大学に進学し、1973年博士号を取得後、シカゴ大学で超音波ビームレーザー分光法に取り組む。1976年ライス大学准教授に就任。レーザーをノズルに直接照射することでどんな物質でも原子の状態で蒸発させる方法をみいだした。さらに、原子のクラスターを適度に調節して小さな凝集を形成させ、続いて超音波ビームで一気に冷却する方法を開発した。1981年同大学教授となった。
 1985年にこの装置を用いて、H・クロート、R・カールとともに炭素のクラスター形成実験を行い、従来知られている炭素の結晶構造とは異なる、炭素原子60個からなるクラスターを合成し、その安定した性質から対称的な構造つまり球状の構造をとっていると考え、フラーレンと名づけた。その後は金属クラスターや半導体クラスターなどの研究とチューブ型のフラーレンを研究し、さまざまな分野への応用を目ざした。フラーレン発見の功績により1996年、クロート、カールとともにノーベル化学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スモーリーの関連キーワードオハイオバイオハザードII/アポカリプスバイオハザードIIIバイオハザードIV/アフターライフバイオハザード クロニクルズ HDセレクションバイオハザード ザ・マーセナリーズ 3Dバイオハザード6オハイオ研究オハイオ・スタンダード[会社]スタンダード・オイル・オブ・オハイオ[会社]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スモーリーの関連情報