スモール(英語表記)Small, Albion (Woodbury)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スモール
Small, Albion (Woodbury)

[生]1854.5.11. メーン,バックフィールド
[没]1926.3.24. シカゴ
アメリカの社会学者。コルビー大学,ニュートン神学校に学び,ドイツ留学後,コルビー大学,ジョンズ・ホプキンズ大学で教鞭をとった。 1892年シカゴ大学社会学部部長となり,いわゆるシカゴ学派を形成するにいたった。アメリカ社会学会設立者の1人であり,また 95年の『アメリカ社会学雑誌』 American Journal of Sociologyの創刊者でもある。体系的な社会過程論を展開し,その後のアメリカの心理学的社会学の発展を導く重要な見解を示した。主著『社会研究への入門』 An Introduction to the Study of Society (1894) ,『一般社会学』 General Sociology (1905) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スモール
すもーる
Albion Woodbury Small
(1854―1926)

アメリカの社会学者。コルビー大学卒業後、ドイツへ渡り、ベルリンおよびライプツィヒ大学に学び、歴史学派の影響を受けた。帰国後コルビー大学の教授となり、歴史および経済学を担当し、やがて学長にもなったが、関心を社会学へ移し、1892年に新設されたシカゴ大学の社会学部長に迎えられ、1925年に退職するまでその職にあった。その間、1895年には『アメリカ社会学雑誌』を創刊し、ドイツ社会学の紹介に努め、多くの人材を育ててシカゴ学派の基礎をつくり、アメリカ社会学の発展に大きく寄与し、アメリカ社会学会および国際社会学会の会長にも就任した。彼はラッツェンホーファーの影響を受け、関心を社会の原動力とみなす関心説の立場にたち、主要な関心として、健康、富、社交、知識、美、正義への諸関心をあげた。そして社会は、このような諸関心の充足と調整とをめぐる協同と闘争の過程であるとみなして、社会過程の分析に重点を置いた。また社会のさまざまな集団と制度とは、このような社会過程から形成されたものと考え、集団間の闘争を調整するのが国家であると説いた。主著には『一般社会学』(1905)、『社会科学の意味』(1910)などがある。[居安 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

スモール

生年月日:1854年5月11日
アメリカの社会学者
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スモール

(Albion Woodbury Small アルビオン=ウッドバリー━) アメリカの社会学者。心理学的社会学の代表者。「関心説」を唱え、「アメリカ社会学雑誌」を創刊、また、アメリカ社会学会の創設に貢献した。主著「一般社会学」。(一八五四‐一九二六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

スモールの関連情報