コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スレッド スレッド

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スレッド

掲示メーリングリストなどでやり取りされる共通の話題の投稿をまとめたもの。メールソフトでは、返信メールの一連のやり取りをツリー表示にすることをスレッド表示という。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

スレッド

電子メールや掲示板などのメッセージを、話題ごとにまとめたものです。「筋道、脈絡」の意味があります。選択中のメッセージに返事を書くと、自動的にスレッドの扱いになります。「スレ」と略すこともあります。
⇨BBS、掲示板

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スレッド(thread)

《「糸」または「議論の筋道」の意》
オペレーティングシステム上で、アプリケーション内の処理を並列して行う際の、最小の処理単位。→マルチスレッド
インターネット上の電子掲示板(BBS)やメーリングリストで、一つの議題ごとに集められた返信の一覧。スレ。「辞書アプリについてのスレッドを立てる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

DBM用語辞典の解説

スレッド【thread】

ある特定の題目で情報を提供し続けること。一連の掲示板メッセージなどがそうである。例えば、誰かが質問を投げかけ、他の誰かがそれに答える、あるいは同じトピックで更に質問を問うような状況。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

スレッド【thread】

電子掲示板メーリングリストにおける、ひとつの話題や議題についての投稿の集まり。◇略して「スレ」ともいう。
➁コンピューターのCPUにおけるプログラムの実行単位。オペレーティングシステムにより、起動中の個々のプログラム(アプリケーションソフト)はプロセスという実行単位で管理され、プロセスはさらにスレッドというひとつ以上の実行単位に分割されてCPUに逐次処理される。◇「タスク」「プロセス」「スレッド」を区別せずに「タスク」ということが多い。⇒タスクプロセス

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

スレッド【thread】

〔議論や物語の筋の意〕
オペレーティング-システムがひとつのアプリケーション-ソフトウエアの処理(プロセス)を複数に分割して処理できる場合の、最小の処理単位。
インターネット上のメーリング-リストや掲示板などにおける、特定のテーマに関連した一連の発言。また、ソフトウエア上で、それらをまとめて表示する方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

スレッドの関連キーワードハイパースレッディングテクノロジー (HTテクノロジー)Pentium 4 Extreme Editionウィルソン(Cassandra Wilson)サムエル・ジョン・G.H. テンプルウッドポラック(Sydney Pollack)マルチスレッドプログラミングThread Managerスタイルフォルスコルダタス同時マルチスレッディングPentium 4 HTnano kernelハフィントン・ポストスレッド (OS)マイクロカーネルオルタニング現象マネージドコードフリーダイビング繊維状変晶質組織イングランド銀行ミューテックス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スレッドの関連情報