コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スロットマシン スロットマシンslot machine

翻訳|slot machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スロットマシン
slot machine

(1) 硬貨差入れ式の自動販売機。スロットは硬貨差入れ用の細穴の意。 (2) 貨幣差入れ式の自動賭博機。 1900年頃アメリカで開発された。のぞき窓の中にいくつかの組合せの絵模様の描かれたシリンダが見え,レバー操作でこれを回転させ,止めたときの組合せで勝負をする。賭け金が安く,特定の組合せに的中すると多額の貨幣が出るため人気があるが,日本では禁止されている。しかし最近は日本でもゲームセンターなどでゲーム用コインを代用させるものがあり,人気が集中している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スロット‐マシン(slot machine)

料金投入口に料金を入れると一定の作動をする自動販売機の総称。
コインを入れ、レバーを引くと表示窓の絵が回転し、止まったときの絵の組み合わせでコインが出てくる仕組みの自動賭博(とばく)機。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スロットマシン

硬貨投入口(スロット)から硬貨を入れてレバーを引くと,3個ほどの円筒が回転し,これが停止したとき,小窓から見える円筒上の絵柄が所定の組合せになっていると受けざらに硬貨が出てくる一種の賭博(とばく)機。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スロットマシン【slot machine】

スロット(小さな穴)に硬貨を入れて作動さす機械の意。広義には自動販売機を含めるが,一般にはレバーを引くと3~4本のリールがまわってばらばらに止まり,絵合せする賭博(とばく)機械をさす。1895年にアメリカの技師フェイCharles Feyが製作した〈リバティ・ベル〉が最初とされ,20世紀に入ると各地の賭博場に普及した。レバーが1本なので,別称をone‐armed bandit(隻腕の悪党)といい,絵に果物が多く用いられるところからイギリスではfruit machineともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スロットマシン【slot machine】

コインを入れてレバーを引き、回転する複数の絵柄を合わせ、その結果によってコインが戻ったり戻らなかったりする自動賭博とばく機械。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スロットマシン
すろっとましん
slot machine

硬貨またはその代用品を用いる賭(か)け事の機械。機械の種類により多少の違いはあるが、レバーを引くと数種類の図柄が3~4の小窓に現れるようになっていて、二つ以上同じ図柄が並んでそろうと、入れた硬貨の何倍かが戻る仕掛けになっている。アメリカのラス・ベガス、モナコなどをはじめ世界中のカジノ(公認賭博(とばく)場)にはほとんど備え付けられている。1895年サンフランシスコのチャールズ・フェイCharles Fey(1862―1944)が発明したといわれ、その後改良されて1906年ごろ現行のものができ、シカゴ、カリフォルニア地方で大流行した。酒場などにも置かれて、のちアメリカ全土に広まった。1930年ごろコンソルという自動式のものができたがすぐに廃れた。日本には第二次世界大戦直後アメリカ軍が持ち込んだが、パチンコに押されて流行には至らなかった。その後、パチンコ店にパチスロが登場したり、娯楽機器としてゲームセンターなどに設置されるようになり定番となっている。なお、一般の自動販売機のことをスロットマシンとよぶことがある。[倉茂貞助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スロットマシンの関連キーワードジャックポット裏カジノデジパチパチスロ風俗営業マシン北電子総称

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スロットマシンの関連情報