スロット

精選版 日本国語大辞典「スロット」の解説

スロット

〘名〙 (slot)
① 工作物などに作ったみぞ。〔電気工学ポケットブック(1928)〕
② 自動販売機・公衆電話などの料金を入れる投入口。〔万国新語大辞典(1935)〕
③ 飛行機の翼の前縁または後縁近くに設けられた翼下面から上面へ通ずる狭い隙間(すきま)。高揚力装置として利用され、失速を防ぐ。すきま翼。スロット翼。〔モダン辞典(1930)〕
※蛙のこえ(1952)〈大宅壮一〉パチンコと青春「パチンコの流行は日本だけではない。アメリカのはスロットといって、入れるのもたいてい鉄玉ではなくて銀貨である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「スロット」の解説

スロット

部品や装置などをセットするための隙間や枠、挿入口のこと。たとえば、マザーボード上に拡張カードを取り付ける差し込み口を拡張スロットという。また、各種メディアをパソコンに接続するためのアダプターとして、ノートパソコンの側面にあるPCカードスロットメモリーカード用のメモリーカードスロットなどがある。CDやDVDドライブで、メディアを載せるトレーがなく、挿入口の隙間に直接CDやDVDメディアを差し込む方式をスロットイン方式といい、このとき、自動的に中に引き込む機能をスロットローディングという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディア「スロット」の解説

スロット

飛行機の翼の前縁に沿って,あるいはフラップと主翼本体との間に沿って設けた隙間(すきま)。離着陸時など迎え角が大きくなった場合,この隙間から,下面の圧力の高い空気が上面に吹き出して,渦の生ずるのを防ぎ失速を防ぐ。高揚力装置の一種で,離着陸時にのみスロットのできる翼や,翼端スロット,スロッテドフラップなどが使われる。→スラット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「スロット」の解説

スロット(slot)

《細長い溝やすきまの意》
工作物などの溝穴。
自動販売機・公衆電話などの料金の投入口。
航空機の翼の前縁部または後縁部近くに設けられた翼の下面から上面に通じる狭いすきま。
拡張スロット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスロットの言及

【高揚力装置】より

…翼の迎え角が大きくなると,空気はまず前縁よりやや後ろの翼下面に当たり,ここから前縁を回って翼の上面に流れていくので,その間に勢いをなくしてはがれやすくなり失速する。このため翼の前縁部を前へ張り出させて隙間を開け,下面に当たった空気を直接翼上面に流してはがれを防ぐことが行われるが,この前へ張り出す部分をスラットslatといい,スラットが張り出してできる隙間をスロットslotと呼んでいる。
[境界層制御装置]
 翼の表面の気流(境界層)のはがれやすい所に,翼内から別の空気を吹き出して勢いをつけ,はがれを防ぐ装置で,英語のboundary layer controlの頭文字をとってBLC装置ともいう。…

※「スロット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android