コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スロベニア語 スロベニアごSlovene language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スロベニア語
スロベニアご
Slovene language

スロベニアの公用語話し手約 180万人。方言差が大きい。スラブ語派の南スラブ語群に属する。文法範疇として双数をもつのが一つの特徴。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スロベニア語【スロベニアご】

インド・ヨーロッパ語族の南スラブ語(スラブ語派)に属する言語。スロベニアと,これに接するイタリア,オーストリアの一部に話される。スラブ語の中では南語と西語の間の過渡的特徴を示し,10世紀に始まる文献をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スロベニアご【スロベニア語 Slovenian】

スラブ語派の南のグループに属する言語で,スロベニア共和国に行われる。話し手の数はスロベニア共和国内で170万,他に10万が旧ユーゴスラビア地域に,30万がそれ以外にいる。言語としては屈折的なタイプで,豊富な活用形式と曲用形式を有する。スラブ語中では古い形をよく保っていることで知られ,数(すう)のカテゴリーに双数(両数)がある。比較的少数の話し手にもかかわらず数多くの方言に分かれており,スロベニア文語は東の方言に西の方言の要素が加わったものが基礎になっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スロベニアご【スロベニア語】

インド-ヨーロッパ語族スラブ語派に属する言語。スロベニアの公用語。ラテン文字を使用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スロベニア語
すろべにあご
Slovene

スロベニア共和国の国語。南スラブ語群に属する。国内で約200万の人々によって話されるほか、オーストリア、イタリア、ハンガリーの一部でも話され、全体で約222万の言語人口をもつ。スラブ語派中もっとも方言分裂の著しい言語で、約50の方言があり、七つの方言群に区分される。文字はラテン文字を用い、補助記号のついたの3個を含めて全部で25個ある。母音は、アクセントのある場合、長母音と短母音、開口母音と閉口母音が対立する。形態面では、名詞類の数のカテゴリーにおいて両数の語形を保存し、動詞においては大過去の時制や目的分詞を保存するなど、スラブ語の古風な構造のおもかげをよくとどめている。古代教会スラブ語の写本の一つ『フライジング断片』(10世紀末ごろ)の言語はスロベニア語の原型と考えられている。標準文章語は19世紀末に形成過程が完了し、標準口語の規準は比較的最近、確立された。[栗原成郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スロベニア語の関連キーワードセルビア語/クロアチア語バルト・スラブ語同系問題旧ユーゴ諸国史(年表)インド・ヨーロッパ語族ユーゴスラビア文学スロベニアの要覧オーストリア文学スロベニア文学ポルトロージュプレシェーレンバルカン半島ブルガリア語マケドニア語マリグラードノバゴリツァスロベニア人テニエールゴリツィアブレッド湖セルビア語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android